18歳まで(18歳に達する日以後最初の3月31日までの子ども)の医療費窓口負担を現物給付化&無償化します!

更新日:2024年05月22日

ページID: 16357

18歳まで(小学生~18歳に達する日以後最初の3月31日までの子ども)の医療費助成で窓口負担がなくなります!

令和6年8月1日受診分から小学生~18歳に達する日以後最初の3月31日までの子どもについて、県内の病院を受診した場合、受給資格証を提示することで、窓口でのお支払額が無償化されます。
ひとり親家庭等医療費受給資格証をお持ちの方は、更新手続きが必要です。対象者の方には令和6年8月1日からご利用いただける受給資格証を7月中に送付いたします。

改正内容

対象医療費助成

子ども医療費助成・心身障害者医療費助成・ひとり親家庭等医療費助成


変更対象者

小学生~18歳に達する日以後最初の3月31日までの子ども


変更内容

1.現物給付化…奈良県全市町村にて、窓口で医療費助成を適用し、医療費助成における一部負担金のみの支払いになります。

2.一部負担金無償化…橿原市では1.の現物給付化に合わせ、一部負担金を無償化することで、医療機関受診時の医療費の支払いを0円とします。


改正年月日

令和6年8月1日


注意点

改正に伴い、現物給付化の対象となる方の受給資格証は黄色(白色)から青色に変更となります。古い受給資格証はご自宅で破棄するようお願いいたします。また、古い受給資格証を医療機関窓口で提示すると医療費助成を受けられない恐れがありますので、ご注意ください。

助成内容

保険診療(入院時の食事代を除く)の窓口負担を無償化します。


令和6年7月31日までの診療分

奈良県内の医療機関を受診時に受給資格証を提示した場合、一旦窓口にて健康保険上の医療費の一部負担金を支払い、後日登録口座へ一部負担金を除いた金額を振込。…自動償還方式


令和6年8月1日からの診療分

奈良県内の医療機関を受診時に受給資格証を提示すれば、窓口での医療費の支払いは発生しません。…現物給付方式


県外医療機関の診療時の取り扱いは変更ございません。なお、一部負担金は無償化します。

(注意)保険適用外の費用(容器代、診断書料、入院時の室料など)、入院時の食事代は医療費助成の対象外です。

受給資格証の再交付についてはこちら

各医療費助成についてはこちら(県外受診分の申請方法や資格申請方法について)

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課
奈良県橿原市内膳町1-1-60(市役所分庁舎)
電話:0744-47-2640
お問い合わせフォーム