文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

安楽寺(忠兵衛の阿弥陀石仏碑)

(あんらくじ ちゅうべえのあみだせきぶつひ)

近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)の浄瑠璃の名作「冥土の飛脚」(めいどのひきゃく)のモデルとなった忠兵衛(ちゅうべえ)の故郷が新口(にのくち)町です。葛本(くずもと)町にある安楽寺(あんらくじ)には、忠兵衛と梅川(うめかわ)の墓碑があります。

「冥土の飛脚」には「奈良の旅籠屋三輪の茶屋、五日、三日、夜を明し、二十日あまりに、四十両、使い果して二分(一両の半分)残る。鐘も霞むや初瀬山・余所に見捨ての親里の、新口村に着きにけるが」という名文句があります。
「冥土の飛脚」では、ふるさとの父により大阪淡路町の三度飛脚亀屋の養子に出された忠兵衛は、新町槌屋の遊女の梅川と恋仲になり通い詰めます。梅川の身請けの為に金に詰まった忠兵衛は、預かっている三百両の封印切りの大罪を犯してしまいます。
忠兵衛は生まれた大和新口村(やまとにのくちむら)(現在の新口町)に、梅川とともに手に手を取って駆け落ちしましたが、二人ながらに捕らえられ、大阪千日前の刑場で処刑されます。
梅川は近江矢橋の十王堂で、忠兵衛の菩提を弔いつつ懺悔の日々を50年余り送ったというお話です。

 

アクセスマップ

奈良県橿原市葛本町

近鉄

新ノ口駅

徒歩

約7分

近鉄

大和八木駅

約30分

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

橿原市周辺の観光案内・問合せ
橿原市観光交流センター「かしはらナビプラザ」
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
電話番号:0744-47-2270
http://www.kashihara-naviplaza.com/