文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

妙法寺(御厨子観音)

(みょうほうじ みずしかんのん)

妙法寺(御厨子観音)

妙法寺(みょうほうじ)御厨子観音(みずしかんのん)は、奈良時代の賢人である吉備真備(きびのまきび)が遣唐使として派遣され、無事唐から帰国できたことを喜んで創建させたということです。本尊は十一面観音菩薩で、吉備真備が中国で窮地に立たされた時、蜘蛛によって助けられたというエピソードもあることから、クモ観音とも呼ばれています。真備の功績の1つである「大般若経(だいはんにゃきょう)」は現在奈良国立博物館に保管されています。
また寺の東側に、万葉集で大津皇子(おおつのみこ)が辞世の歌として詠んだ「百伝ふ 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ」で有名な磐余(いわれ)の池があったと言われています。この磐余の池が御厨子という名前の由来とも言われています。
このほかにも橿原市東池尻町西南の御厨子山頂に、土地の氏神「御厨子神社」が鎮座しています。初め「水尻神社」と呼ばれたこの社は、この地一帯に古代あったという磐余池の池尻に位置したことから社名が生まれたと伝わっています。

みずし観音への入口 みずし観音参道 妙法寺全景 本堂1

 

観音 花祭り お稚児さん行列 転読
歳時記 5月第2日曜日 御厨子観音花祭り 大般若経の典読や稚児行列が行われます。

 

アクセスマップ

奈良県橿原市東池尻町

JR

香久山駅

徒歩

約14分

近鉄

耳成駅

約21分

 

本堂2

御厨子(みずし)観音妙法寺(外部リンク)

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

橿原市周辺の観光案内・問合せ
橿原市観光交流センター「かしはらナビプラザ」
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
電話番号:0744-47-2270
http://www.kashihara-naviplaza.com/