文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

国分寺

(こくぶんじ)

木造十一面観音立像

勝満山(しょうまんざん)満法院(まんぽういん)国分寺は浄土宗で、本尊は阿弥陀如来坐像、観音・勢至(せいし)両菩薩坐像が両側に配されています。
霊験あらたかな如来で多くの信仰を集めています。他に、善導大師(ぜんどうだいし)・円光大師(えんこうだいし)像などが祀られています。
また、本堂横の収蔵庫には、平安時代中期の作品、国の重要文化財に指定されている十一面観音立像があります。
欅(けやき)の一木造りで、膝下には当時の特徴的な技法である翻波式衣文(ほんぱしきえもん)が刻まれています。
平成15年に焼失した本堂は、明治時代の小学校の前身である「培擁社」(ばいようしゃ)として使われていました。

 

関連リンク 文化財 > 木造十一面観音立像

 

アクセスマップ

奈良県橿原市八木町

JR

畝傍駅

徒歩

約3分

近鉄

八木西口駅

約5分

近鉄

大和八木駅

約6分

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

国分寺
電話番号:0744-22-3030

橿原市周辺の観光案内・問合せ
橿原市観光交流センター「かしはらナビプラザ」
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
電話番号:0744-47-2270
http://www.kashihara-naviplaza.com/