文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

河合源七郎家住宅

(かわいげんしちろうけじゅうたく)

橿原市北八木町にある江戸時代町屋で、平成21年に有形文化財に登録されました。
古代からの幹線道路「下ツ道」と伊勢街道である「横大路」の交差点である「札の辻」の北側に位置しています。河合鋭治家住宅の南側に位置します。

この建物は、初代河合源七郎によって、明治20年代後半に町屋として主屋を建築、さらに大正時代に、離れ座敷や茶室が増築されました。
旧街道に面して、蔵の妻面「貴賓口」を挟んで重厚な「出桁造」・漆喰塗込の主屋、高い境界塀と変化あるファザードを持つ民家であります。

見学はできません。

 

関連リンク

八木町の歴史

河合鋭治家住宅

 

アクセスマップ

奈良県橿原市北八木町

JR

畝傍駅

徒歩

約10分

近鉄

八木西口駅

約11分

近鉄

大和八木駅

約15分

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

橿原市周辺の観光案内・問合せ
橿原市観光交流センター「かしはらナビプラザ」
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
電話番号:0744-47-2270
http://www.kashihara-naviplaza.com/