文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

橿原市役所前

かしはらしやくしょまえ

畝傍駅電車JRで来られたら、JR畝傍駅から徒歩約3分の

橿原市役所前バス停からコミュバスに乗ろう!

畝傍電車

 

 

 

JR畝傍駅はとってもレトロな駅です。

是非一度立ち寄ってみてね♪

そしてチョット時間があれば、八木札の辻交流館(東の平田家)へのお散歩がおススメ!

「八木札の辻」とは… 奈良盆地には古代から、東西に横断する横大路、南北に縦断する上ツ道、中ツ道、下ツ道という幹線道路が存在していました。近世・江戸時代になると、横大路を含む、河内から伊勢に通じる道は、初瀬街道または伊勢街道と呼ばれるようになりました。また、下ツ道は中街道と呼ばれ、北は奈良を越えて山城まで達し、南は吉野・伊勢方面に通じていました。この2つの街道の交差点が「八木札の辻」です。江戸時代中期以降「八木札の辻」界隈は、伊勢参りや大峯山への参詣巡礼などで、特に賑わっていました。

八木札の辻交流館「八木札の辻交流館」は、八木札の辻の交差点に建っています。古文書・構造手法などから、18世紀後半~19世紀前半に建てられたと考えられています。
江戸時代には「八木・木原屋、嘉右衛門」という屋号の旅籠でした。大阪から八木を通り、伊勢に至るまでの宿泊所を示した「大阪浪速講伊勢道中記御定宿附」という冊子の中で「浪速講」に属する正規の宿として紹介されていました。
旅籠を営んでいた当時は、1階が接客および主人の居室部分として、2階が宿泊施設として利用されていました。
橿原市では、平成22年6月の文化財指定後、土地を購入し、建物は所有者から寄贈を受けました。そして平成23年度に整備工事を行い、平成24年7月から「八木札の辻交流館」という名称で一般公開しています。

ボランティアガイドさんから、交流館のことや八木町の話をたくさん伺いました。

とても入りやすい雰囲気で親切に教えてくださるので、楽しく見学することが出来ますよ♪

畝傍 電車 庭 交流館

橿原市八木札の辻交流館

奈良県橿原市北八木町2丁目1番1号

0744-26-2684

詳細はお問合せください。

(このページは実習生・田中が担当しました)

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1115