文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

別所町

べっしょちょう

朱雀

 

別所町とは… 都城・藤原京の朱雀大路が町の西部を東西に通る当地は、古代の皇居・藤原宮に隣接していました。
元文四(1739)年の「地方蔵方寺尾勤録」という古文書に、今も同町に北接してある当時の高殿村(現高殿町)から、枝分かれして当地ができたとあります。このときに初めて「別所」の地名が生まれたのか、それまでに高殿村の字別所があったのかは、これより古い記録が見つからず分かりません。
江戸時代に「別所村」と呼ばれ、高取藩領として過ごし明治時代を迎えます。明治15年ごろには戸数24戸・人口132人の静かな農村(町村誌集)でした。同17年ごろでは主に米・麦・ブドウ・実綿・菜種を作っていました(農産物取調表)。別所池
明治22年の町村制施行により鴨公村の大字となり、昭和31年の橿原市発足で同市大字となったあと、同年10月に「橿原市別所町」となりました。かつて「観音堂」といわれた現在の観音寺が、古い町並みに包まれた中にあります。むかし高殿村・興福寺から移した(古跡略考)という「十一面観音」が祭られ、いまも周辺住民の厚い信迎を集めています。


別所池万葉歌碑藤原京跡朱雀大路跡にも

別所町バス停から歩いて5分ほどで

着くことが出来ます(^з^)

しかし、別所池には今はもう水は溜まっていません。

見つけたい方は万葉歌碑を目印に探してみてね♪

(このページは実習生・田中が制作しました)

お問合せ

所属課室:魅力創造部観光政策課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1115