文字サイズ・色合い変更
  • 観光
  • 世界遺産登録をめざして
  • 文化財

ここから本文です。

新沢千塚139号墳

(にいざわせんづか139ごうふん)

139号墳は県道戸毛・久米線によって南北に分断されている古墳群のうち、北側の一群に含まれます。丘陵の東端部分に位置しており、その周辺における中心的な古墳です。
東西約23m、南北約20mの方墳で、5世紀前半から中頃に築かれたと考えられます。墳頂の中央に2個の家形埴輪が置かれており、そのほぼ真下に埋葬施設が設けられていました。埋葬の仕方は木棺をそのまま埋める木棺直葬で、漆塗りの盾のようなもので棺を覆っていたようです。棺の大きさは全長約3.7m、幅60~75cm前後。棺内には、頭部付近に櫛(くし)、遺体の左右に鉄刀、足側の木口(こぐち)には鉄製の甲冑(かっちゅう)一式が置かれていました。また、人体と甲冑の間には斧、鎌、刀子(とうす)などの農工具約40点や、多くの鉄鏃(てつぞく)が納められていました。

埋葬施設の遺物出土状況

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵
埋葬施設の遺物出土状況

 

お問合せ

所属課室:文化財保存活用課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114