ホーム > 橿原市上下水道部 > 水道水の水質 > 有機フッ素化合物について

  • かしはら探訪ナビ 観光 世界遺産 登録をめざして 文化財
  • 3館スタンプラリーバナー 
  • INAC神戸レオネッサは世界遺産登録を応援しています
  • ふるさと納税バナー(小)
  • 日本遺産バナー小
  • みんなでつくろう橿原市 橿原市市民協働ひろば
  • 橿原市フォトライブラリーバナー
  • ウォーキングで脱メタボライダー!!かしはら元気応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2016年7月29日

有機フッ素化合物について

有機化合物(PFOA)の測定(橿原市水道局)

過日の報道で有機フッ素化合物の一種であるパーフルオロオクタン酸(PFOA)が高濃度で検出され、一部水道水でも検出されたとの報道がありました。そのことを受け橿原市水道局でもPFOAの測定を行いました。

有機フッ素化合物について

有機フッ素化合物とは

フッ素を含む有機化合物の一種です。撥水剤、ワックスなどに広く用いられる化学合成された化合物です。フッ素関連の製品の製造工程で環境中に放出されると考えられます。この中で報道されたのは、PFOAであり下記の構造式で表されます。健康評価についても発癌性などが指摘されていますが、顕著な影響は認められなかったという報道もあり、まだまだ未知的なところがあります。

構造式

PFOA

PFOS

水道との関連

水道水の水質に関することでは、現在のところ水質基準やその他項目などでの設定はされておらず規制はされていません。水道原水に当初存在するものが、浄水処理されても残存し検出されるものと思われます。

測定結果について

測定結果

八木浄水場場内給水栓で採水した測定結果はつぎのとおりでした。

採水年月日

測定結果

平成20年2月26日

2ng/L

検出下限値(1ng/L)に近く、極めて低い数値でした。
※たとえてみれば50メートルプール(50×20×1m)1000杯分に1円玉2枚
16000年間の中の1秒間

現状では毒性評価、規制はなされていませんが、その動向には注目したいと考えています。

お問合せ

所属課室:上下水道部上水道課

橿原市小房町9-23

電話番号:0744-24-0010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?