ホーム > 消費生活 > 事故情報・回収情報 > リコール対象製品をお持ちでないですか?

ここから本文です。

更新日:2016年7月28日

家の中にリコール対象製品がありませんか?

これまで長く使っていなかった古い器具を持ち出してお使いになる場合はリコール対象品が含まれ製品事故のイメージイラストているかもしれません。

売前に安全に関する検査等が行われている製品であっても、販売後に欠陥等が見つかり、回収や交換等(リコール)を行うことがあります。欠陥等が見つかった製品の中には、身体に重大な危険を及ぼすものもあります。

リコール対象製品をお持ちの場合や疑わしい場合は、直ちに使用を中止し、すみやかに事業者に連絡して必要な対応をとってください。

は具合を生じていないから大丈夫と判断することは禁物です。

リコール対象製品による死亡事故や重傷事故も発生しています

  • 電子レンジ加熱式湯たんぽの破裂事故(平成26年1月)
  • 加湿器による火災事故死傷者は複数名(平成25年2月)

(※)出典:事故情報データバンクシステム

リコール対象製品による事故を未然に防ぐためには、どのような製品がリコールになっているのか、正しい情報をこまめに入手することがとても大切です。

リコールに関する情報を入手するには、

1.事業者による社告を確認する

レビなどの報道や、新聞の社告欄、折込チラシ等を注視しましょう。社告を見逃してしまったときや、詳しい内容を知りたいときは事業者のホームページで確認することもできます。

2.消費生活センターなどのホームページを確認するリコール・事故情報データバンクシステム

消費者庁による「事故情報データバンクシステム」の運用が、平成22年4月からまっています。生命・身体に関わる消費生活上の「事故情報」「危険情報」が広く関係機関から集められ、インターネット上で提供されています。

橿原市消費生活センターのホームページからもリコール情報を確認することができます。また、消費者庁や製品を管轄する省庁(経済産業省など)のホームページで提供する情報もあわせてご活用ください。

の回りにリコール対象製品がないか、今一度点検してみましょう。

リコールが行われている製品

記一覧表に掲載されている製品は、リコールが行われていますので、直ちに使用を中止し、事業者に連絡してください。

リコール製品一覧表「製品安全総点検週間版」(※)経済産業省「製品安全ガイド(リコール情報)」より

回収報告

(※)経済産業省「製品安全ガイド(リコール情報)」より抜粋

松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)製FF式石油温風暖房機回収状況★関係資料
パロマ工業株式会社製ガス瞬間湯沸器回収実績報告★関係資料
TDK株式会社製加湿器回収実績報告★関係資料
ヒーターが渦巻き状の電気こんろを探しています。★小型キッチンユニット用電気こんろ協議会のページ

このような場所に置いてありませんか?いま一度、お確かめください

リコール情報1 リコール情報2 リコール情報3

ケアマネジャーや高齢者支援に携わっておられる皆さまへ~ご利用者宅にリコール製品はありませんか?

さんが担当されているご利用者様のお宅に、リコール対象製品はありませんか?身の周りにリコール対象介護支援員のイメージイラスト製品があっても、案外、本人は気付きにくいものです。高齢者支援に携わっておられる皆さんの積極的な働きかけでリコール対象製品を発見できれば、重大事故を防ぐことができるかもしれません。
使用していない製品でも事故が起こる危険性がありますので、心当たりのある場合は、リコール情報よりご確認ください。

考情報「ケアマネジメントオンラインからリコールのお知らせ」(外部リンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:橿原市消費生活センター

橿原市内膳町1-6-8 かしはらナビプラザ4階

電話番号:0744-47-2360

所属課室:生活安全部生活交通課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3549

ファックス番号:0744-23-2511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?