ホーム > 消費生活 > 講座・セミナー > 消費者リーダー養成講座

ここから本文です。

更新日:2016年12月12日

消費者リーダー養成講座

リーダー養成講座イメージイラスト橿原市消費生活センターでは、消費者としての自己啓発や、地域において行政と連携を取りながら消費生活に関する普及啓発していただく消費者リーダーを養成する講座を毎年実施しています。

座は6回の連続講座で、毎回違うテーマで講師をお招きします。実習も交え、みんなで和気あいあいと楽しく、意見交換をしながら消費生活について学びます。講座修了後には、「消費者リーダー」としてご活躍していただきます。

域において消費者活動に積極的に取り組む意欲のある方、または消費者活動に関心のある方など、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。お待ちしております。

平成28年度消費者リーダー養成講座を実施しました

消費者リーダー養成講座の風景

講座概要

開催日

時間

講義内容

講師

【1日目】

2016年9月9日(金曜日)

10時~11時30分

橿原市消費生活センター相談員より、最近の消費者問題や悪質商法についてお話しします。

橿原市消費生活センター相談員

【2日目】

2016年9月23日(金曜日)

10時~11時30分

らコープ田原本流通センターに実際に行き、施設見学をしながら、食品の流通を通した食の安全について考えます。

ならコープ原本流通センター

【3日目】

2016年10月7日(金曜日)

10時~11時30分 ルビー株式会社近畿支店お客様相談室から講師をお迎えし、近年話題が尽きない食品問題について、食品ロス・食品表示に特にスポットを当ててお話しします。

カルビー株式会社近畿支店お客様相談室

谷川哲正

【4日目】

2016年10月28日(金曜日)

10時~13時 これまでの講習で得た知識を確認しながら、出来るだけ食品ロスを減らした料理作りを実際に行ないます。(調理実習)

学校法人若羽学園(わかばね調理専門学校)

中賀洋子

【5日目】

2016年11月11日(金曜日)

10時~11時30分 会問題となっている食品ロスについて、フードバンク事業という観点から、認定NPO法人で活躍されている講師をお招きし、食品ロスの現状についてお話します。

ふーどばんくOSAKA

下龍仁

6日目:2016年11月25日(金曜日) 10時~11時30分

義のまとめとして、グループ形式で議論をします。

義終了後、修了証書の授与を行います。

橿原市消費生活センター職員

 養成講座の風景

第1回目:最近の消費者問題や悪質商法について(講師:消費生活相談員)

橿原市消費生活センターの相談員より、日頃、相談室に寄せられる相談事例や悪質商法の手口、クーリング・オフの方法など、消費者問題全般についてを学びました。

第2回目:食品の流通について(施設見学:ならコープ田原本流通センター)

コープ施設見学の風景1 らコープの商品が、どのようにして消費者の手元に届いているのか・・。実際にならコープ田原本流通センターに行って、施設見学をさせていただき、食品の流通を通した食の安全について考えました。

新商品の取り扱う前には、独自の自主基準に適合しているかの確認、商品出荷前には、食品小売業としては最大規模の商品検査室で微生物検査・理化学検査や食品添加物、原料や鮮度についての検査の実施など、衛生的面や安全面についての考え方や食の安全・安心の確保や豊かな暮らしを目指した事業取組みについて、丁寧に説明をしていただきました。

また、関係部署による「フードセーフティシステム推進委員会」を毎月開催するなど、食のリスクコミュニケーションに関する考え方や組織のCSRの取組みなどを学ぶことができ、参加者にとって有意義な時間となりました。

第3回目:企業の食品表示・食品ロスについての取り組み(講師:カルビー株式会社)

消費者リーダー養成講座の風景(食の安全・安心:カルビー株式会社)

カルビー株式会社近畿支店お客様相談室から講師をお迎えして、食品の安全・安心をテーマに、企業の取り組み説明をいただきました。

食品表示や食品ロスに関する話しに加えて、商品の製造過程で発生する廃棄物の削減と再資源化、植物性残さの用途開発などを通じた資源の有効活用の取組みなど、私たち消費者にとって、非常に興味深い内容のお話しを聞かせていただきました。

第4回目:食品ロスを減らした調理(講師:学校法人若羽学園かばね調理専門学校)

かばね調理専門学校中賀洋子氏を講師にお迎えして、食品ロスを出来るだけ減らした調理(エコクッキング)についての学習をし、実際に調理実習をおこないました。

野菜の皮も捨てずにつかって、おだしをとった後の昆布や鰹節を佃煮にリメイクするなど、なるべく食品ロスを出さないような調理方法を学びました。

消費者リーダー養成講座(エコ調理実習1)

エコクッキングについての講義と調理の手順説明

消費者リーダー養成講座(エコ調理実習2)

おだしのとり方(一番だしと二番だし)の説明

消費者リーダー養成講座の風景(エコクッキング3)

 

完成!!今回は、和食バージョンで・・。

 

立は、「かき玉汁」、「ぶりの鍋てりとろろかけ」、「ひじきと豚肉」、「レンコンの煮付け・揚げ茄子のうま出汁かけ」の一汁三菜

消費者リーダー養成講座の風景(エコクッキング4)

番だしをとった後のだし昆布とだし鰹節に細くきざんだ生姜を加えると、このように佃煮にリメイクできます!

実際に試食してみました!

消費者リーダー養成講座の風景(調理実習1)

消費者リーダー養成講座の風景(調理実習2)

第5回目:食品ロスとフードバンク(講師:ふーどばんく大阪)

消費者リーダー養成講座の風景(フードバンク事業)

「もったいない」を「ありがとう」に~食品ロスとフードバンク

ふーどばんくOSAKAから講師をお迎えし、社会問題となっている食品ロスについて、フードバンク事業という観点からのお話しを伺いました。

てられる食品の現状、世界や日本の食糧事情、貧困問題などの社会課題に食品ロスを活かす「フードバンク事業」の取組みの可能性など、興味深いお話しを聞かせていただきました。

第6回(最終日):これまで学んだことを踏まえて、グループワークと振り返り

座のまとめとして、これまで学んだことをもとに、グループでワークを行った後、グループでの発表、全体での振り返りをおこない、最後に消費生活センター長から修了証書の交付をさせていただきました。参加者の皆さんからは、「消費者問題などの社会課題に対して、自分の出来る範囲で何かをしたい・・。」、「消費者被害に関して、高齢者などの社会的弱者の方々が助けを求めやすい地域にしなければ・・。」などなど、様々な熱い思いを聞かせていただきました。ご参加いただきました受講生の皆さん、ありがとうございました。

消費者リーダー養成講座最終日(グループワーク)の風景1

消費者リーダー養成講座最終日(グループワーク)の風景2

消費者リーダー養成講座最終日(グループワーク)の風景3

お問合せ

橿原市役所生活安全部生活交通課(橿原市消費生活センター)
橿原市八木町1-1-18(橿原市役所北館2階)
電話番号:0744-47-3549

お問合せ

所属課室:生活安全部生活交通課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3549

ファックス番号:0744-23-2511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?