ホーム > 消費生活 > 暮らしの情報 > あなたは大丈夫?冬の製品事故

ここから本文です。

更新日:2016年12月12日

あなたは大丈夫?冬の製品事故

は、電気やガス、石油などを使った暖房器具の使用頻度が増える季節。身近な製品の中には、「製品事故」という危険も潜んでいます。使用方法を誤ると思わぬ事故につながる事があります。

庭の中ではどんな製品事故が発生しやすいのか、キッチン、リビング、お風呂・トイレ、寝室など、家庭の部屋ごとに注意すべき製品事故を紹介します。

「キッチン」ボタン

「キッチン」選択ボタン

詳細を見る

「リビングルーム」ボタン

「リビングルーム」選択ボタン

詳細を見る

「お風呂・トイレ」のボタン

「お風呂・トイレ」の選択ボタン

詳細を見る

「寝室」のボタン

「寝室」の選択ボタン

詳細を見る

 

点検制度 表示制度

 キッチン

カセットコンロ

こんな事故が発生!

  • カセットボンベの「切り欠き」が正しく装着されていないままカセットこんろを使用使用したため、ガスが漏れてカセットこんろから発火
    再現実験映像を見る(外部リンク:独立行政法人製品評価技術基盤機構「NITE」)
    (上記のボタンをクリックすると、動画が別ウィンドウで表示されます)
  • カセットこんろで五徳を収納(裏返し)したまま使用。カセットこんろとフライパンが接触状態で加熱され、カセットこんろ全体が過熱してカセットボンベが破裂
  • ガスこんろのグリル排気口にカセットこんろを置いたままグリルを使用したため、カセットボンベが過熱されて爆発
    再現実験映像を見る(外部リンク:独立行政法人製品評価技術基盤機構「NITE」)
    (上記のボタンをクリックすると、動画が別ウィンドウで表示されます)

事故防止のために

  • カセットボンベが正しく装着されている状態で使用しましょう
  • カセットこんろに適合したカセットボンベを使用しましょう。
  • 五徳を逆さにしたり、外したままにせず、正しい位置に取り付けて使用しましょう。
  • ガスこんろやストーブなどの熱源の上に置かないようにしましょう。

屋内式ガス瞬間湯沸器

こんな事故が発生!

気せずに屋内式ガス瞬間湯沸器を使用したため、不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒になって死亡した

事故防止のために換気のイメージ

  • 屋内式ガス瞬間湯沸器やガスこんろなどの燃焼器具を使うときは、換気扇を必ず回すか、窓を開けて換気をしましょう。
  • 給気口にホコリがたまらないように、定期的に器具を掃除しましょう。
  • 異常な音や振動、におい、点火しにくいなどの異常に気づいたときは、メーカーに点検を依頼しましょう。
  • 屋内式ガス瞬間湯沸器は「長期使用製品安全点検制度」の対象です。購入時に所有者登録をし、点検期間に点検を受けましょう。(有料)
  • 使用中に次のような症状があったら、使用を中止してメーカーの点検を受けましょう。
    こんなときは使用を中止!
  • 使用中にたびたび火が消える
  • 炎の色が赤みを帯びて輪郭がぼやけている(正常な炎の色は、きれいなブルーです)
  • 機器の上部がすすやほこりなどで詰まっている
  • 機器の前面の塗装が部分的に黒く変色している

一酸化炭素中毒

ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。換気が不十分だと不完全燃焼が起こり、室内にいる人が一酸化炭素中毒になる恐れがあります。一酸化炭素は無味無臭の気体です。室内の一酸化炭素濃度が高くなっても気づきにくく、死に至ることもあります。

一酸化炭素中毒を防ぐため、燃焼器具を使うときは、こまめに換気を行うようにしましょう。

換気扇

こんな事故が発生!

期間使っている換気扇が発火し、火災が発生!

換気扇の事故写真

【換気扇】(キッチン・換気扇)
約30~40年の長期使用によって
コンデンサーが劣化し、内部で
絶縁不良が生じて発熱し、出火
写真提供:NITE

事故防止のために

  • 異常な音や振動、においなどの製品の変化に気づいたときは、販売店またはメーカーに相談しましょう。
  • 換気扇は、「長期使用製品安全表示制度」の対象となっており、安全に使える期間を示す「設計上の標準使用期間」が表示されています。「製造年」と「設計上の標準使用期間」を確認しましょう。
  • 使用中に次のような症状がみられる場合は、使用を中止して販売店またはメーカーに相談しましょう。
    こんなときは使用を中止!
  • スイッチを入れても、ファンが回らない
  • ファンが回っても、回転が遅かったり不規則
  • 回転するときに異常な音や振動がする
  • モーター部分が異常に熱かったり、焦げくさいにおいがする
  • 電源コードが折れ曲がったり破損したりしている

関連情報

矢印消費者庁(外部リンク)

矢印経済産業省「製品安全ガイド」(外部リンク)

矢印独立行政法人製品評価技術基盤機構「nite」(外部リンク)

(参照:政府広報オンライン)

Adobe Flash Playerのダウンロードページへ

Flash形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Flash Playerが必要です。Adobe Flash Playerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:生活安全部生活交通課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3549

ファックス番号:0744-23-2511

所属課室:橿原市消費生活センター

橿原市内膳町1-6-8 かしはらナビプラザ4階

電話番号:0744-47-2360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?