ホーム > 消費生活 > 暮らしの情報 > 介護ベッドの手すりなどによる死亡事故が発生しています!

ここから本文です。

更新日:2012年11月26日

介護ベッドの手すりなどによる死亡事故が発生しています!

介護ベッド用手すり(サイドレールなど)による死亡・重大事故が発生しています。介護ベッドの手すりが危ない

死亡事故の多くは、利用者の首がサイドレールとサイドレールのすき間やベッドボードとサイドレールのすき間に挟み込まれたことによるもので、平成24年度には、4件の死亡事故が発生しています(10月末時点)。

危険な部分があるかどうかを確認し、正しい使い方によって未然に事故を防ぎましょう。

対応策

  • クッション材や毛布などですき間を埋める
  • すき間を埋める対応品を使用する(対応品の内容については、各ベッドメーカーにご相談ください)
  • サイドレールなどの全体をカバーや毛布で覆う
  • 危険な状態になっていないか、定期的にベッド利用者の目視確認を行う


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:橿原市消費生活センター

橿原市内膳町1-6-8 かしはらナビプラザ4階

電話番号:0744-47-2360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?