ホーム > 文化・スポーツ・生涯学習 > スポーツ > 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会ホストタウン > ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年7月10日

ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>を開催しました

この度橿原市は、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向けたホストタウン事業の一環として、『ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>』を開催いたしました。

UR1

畝傍東小学校の6年生を対象に行われたこの特別授業ですが、なんと近畿2府4県で初の開催となりました!2020年東京大会のゴールドパートナーである株式会社LIXILさんの主催で行われ、普段触れる機会が少ないパラスポーツを通じて、子供たちが共生社会に向けた心の在り方を学ぶことが目的とされています。

講師は東京パラリンピック代表候補:池田樹生選手

今回の授業の講師は、陸上400mの日本記録保持者であり、東京大会の代表候補選手として注目されている池田樹生(いけだ・みきお)選手。

UR2UR4

競技用の義手・義足を見て、触れて…外からは見えない部分までじっくり観察できる機会は新鮮ですよね。

池田選手の「僕の身体に触ってみたい人は?」という問いかけに、最初は躊躇していた子どもたちも次第に近寄って、「やわらかい!」「じゃんけんはどうするの?」など、どんどん池田選手との距離を縮めているようでした。

UR3UR12

 

スポーツ義足を体験する前に、池田選手がダッシュを披露してくれました。間近で見る日本一の走りはまさに圧巻!体育館中が拍手に包まれました。

スポーツ義足体験

いざ実際にスポーツ義足を装着すると、最初は立つことも難しい…!池田選手がどれだけすごいことをやっているのかということが分かります。見学に訪れた森下市長も初の義足体験に悪戦苦闘でした。

UR7UR8UR6

最初は「怖い」と言っていた子どもたちも、池田選手のアドバイスを受けてだんだん慣れてきたのか、2巡目ではケンケンをしている子まで!みんな貴重な体験を楽しんでいるようでした。

共生社会に向けた学び

体験の後は、義足に関する講義を受けました。「値段はいくらなの?」「どうして足を切断したの?」など、義足を身近に感じられるテーマに沿って進められました。質疑応答の時間には子供たちが積極的に質問し、池田選手もそれに応えるようにたくさんのことを話してくれました。この時間が、これからの未来を担う子どもたちにとって、きっと大きな意味を持つでしょう。

UR10UR13

 

今後も様々な角度から『カザフスタンのホストタウン・橿原市』をPRしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

お問合せ

所属課室:魅力創造部スポーツ推進課

橿原市小房町11-5

電話番号:0744-29-8019

ファックス番号:0744-24-9710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?