ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

あすチャレ!スクールを開催しました

このたび、橿原市は東京オリンピック・パラリンピック大会に向けたカザフスタン共和国のホストタウン推進事業の一環として、日本財団パラリンピックサポートセンターさん主催の『あすチャレ!スクール』を開催いたしました。

講師は元日本代表チーム主将:根木 慎志さん

今回は白橿北小学校の4、5、6年生を対象に、パラリンピック車いすバスケットボール元日本代表:根木慎志(ねぎ しんじ)さんを講師としてお招きし、実際に競技を体験しながらパラスポーツ、そして障がいについて学びました。

as1as2

日本全国で活動されている根木さんは、久しぶりに故郷である橿原市に帰ってこられたそうです。「今日は皆さんと友達になりたいので、僕の大好きな車いすバスケを紹介します」と話しながら、競技用の車いすとボールを自由自在に操る根木さん。さらにはほとんどウォーミングアップもなしにポンポンとシュートを決めて見せてくれました。

as3

車いすバスケットボール体験

いざやってみるとすごく難しい・・・!

子どもたちによるミニゲームでは、ドリブルはもちろんこぼれたボールを拾うことさえままならず、シュートは一本も入りませんでした。先生たちも挑戦しましたが、身体の大きな大人たちでもやっと1本決めるのが精一杯・・・パラスポーツの楽しさと難しさを体験することができました。

as5as6

as7as9

初心者ばかりのゲームでしたが、プレーヤーも観客も大いに盛り上がりました。その理由を「皆が一生懸命だったから」と語る根木さん。下手でも上手でも一生懸命な人をみると応援したくなる。応援があれば頑張れる。車いすバスケに限らず、とても大切なことですね。

経験を通じた新しい学び

その後の講話の中で根木さんは、「障がいがあることによって困る時もあれば、今みたいにすごく楽しい時だってある。障がい者=かわいそう、大変そうと思うのではなく、もっといろんな面を見てほしい」と話しました。今回の経験は、子どもたちの障がいに対する新しい気づきや学びのきっかけになったのではないでしょうか。

 

ますます東京大会に向かって盛り上がっていく『カザフスタンのホストタウン・橿原市』!

これからも様々な活動を通じてPRしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

お問合せ

所属課室:魅力創造部スポーツ推進課

橿原市小房町11-5

電話番号:0744-29-8019

ファックス番号:0744-24-9710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?