ホーム > > 市税の納付 > 延滞金

ここから本文です。

更新日:2016年1月14日

延滞金

市税を納期限までに納付されない場合は、納期限の翌日から納める日までの期間の日数に応じ、法令で定められた延滞金が加算されます。

平成25年度税制改正により、平成26年1月1日以降の期間に対応する延滞金の割合が改正されました。

平成26年1月1日以降は以下の割合が適用されます。

  • 納期限の翌日から1ヶ月を経過するまで・・・特例基準割合に年1%を加算した割合 

 (上限は年7.3%)

  • 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日の翌日以後・・・特例基準割合に年7.3%を加算した割合

 (上限は年14.6%) 

 

平成12年1月1日から平成25年12月31日までの割合

 

  • 納期限後の翌日から1ヶ月を経過するまで・・・特例基準割合
  • 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日の翌日以後・・・年14.6%

 

平成11年12月31日までの割合

  • 納期限後の翌日から1ヶ月を経過するまで・・・年7.3%
  • 納期限の翌日から1ヶ月を経過する日の翌日以後・・・年14.6%

 

※特例基準割合とは

 平成26年1月1日以降の特例基準割合

  • 各年の前々年の10月から前年9月までにおける国内銀行の新規の短期貸出約定金利の平均の割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%を加算した割合 

 平成12年1月1日から平成25年12月31日までの特例基準割合

  • 各年の前年の11月30日を経過する時における商業手形の基準割引率に年4%を加算した割合 

※延滞金の計算の基準となる税額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、また、その税額の全額が2,000円未満のときは、延滞金は課されません。

※算出された延滞金の100円未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、また、算出された延滞金の金額が1,000円未満のときは、延滞金は課されません。

 

期間

納期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの割合

納期限の翌日から1ヶ月を経過した日以降の割合

平成11年12月31日まで 年7.3% 年14.6%
平成12年1月1日から平成13年12月31日 年4.5% 年14.6%
平成14年1月1日から平成18年12月31日 年4.1% 年14.6%
平成19年1月1日から12月31日 年4.4% 年14.6%
平成20年1月1日から12月31日 年4.7% 年14.6%
平成21年1月1日から12月31日 年4.5% 年14.6%
平成22年1月1日から平成25年12月31日 年4.3% 年14.6%
平成26年1月1日から12月31日 年2.9% 年9.2%
平成27年1月1日から12月31日 年2.8% 年9.1%
平成28年1月1日から12月31日 年2.8% 年9.1%

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:総務部収税課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2636

ファックス番号:0744-24-9704

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?