ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

転入届

他の市区町村から橿原市に引っ越された方は、転入届が必要です。

転入されるときのチェックリスト

届出できる人

  • 本人または世帯主、橿原市で同一世帯の親族の方
  • 上記以外の方(代理人)が届出をする場合は委任状(PDF:90KB)と代理人の本人確認書類が必要です。

届出期日

転入した日から14日以内(予定の日付での申請はできません)
引越をした日から14日目が市役所の休日にあたるときは、その休日の翌日まで
※届出が遅れると、50,000円以下の過料に処せられることがあります。

届出に必要なもの

  1. 前住所の市区町村が発行した転出証明書
  2. 届出人の本人確認書類
  3. 個人番号カードもしくは個人番号通知カード
  4. 委任状(PDF:90KB)(代理人が申請するときのみ)
  5. 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  6. 外国籍の方は特別永住者証明証または在留カード(旧外国人登録証明書を含む)

国外から転入された方

  1. 転入された方全員のパスポート
    ※帰国の際に自動化ゲートをご利用の場合は、飛行機の搭乗券の半券など帰国日の確認できるもの
  2. 「戸籍謄本または抄本」および「戸籍の附票」(本籍地が橿原市の方は不要です)
  3. 届出人の本人確認書類

※国外に移住している方が一時的に帰国された場合は転入届をする必要はありません。

届出窓口

市役所1階1番窓口 市民課 窓口係
平日 午前8時30分~午後5時15分 (祝祭日、年末年始を除く)

個人番号カード(住民基本台帳カード)を持っている方が特例転入される場合

  • 必ず、前住所地の市区町村に「特例転出をする旨を記載した転出届」を提出し、その後、転出処理が済んだことを転出した市区町村に確認してください(転出証明書に載せている情報は、電子情報として市区町村間で送信されます)。
  • 窓口で転入する人の個人番号カード(住民基本台帳カード)を提示して暗証番号を入力し、転入届を行います。
    代理人による手続きは、同じ世帯の人で、個人番号カード(住民基本台帳カード)を預かっていて、暗証番号がわかれば手続きをすることができます。

届出期間

転入した日から14日目か、転出届に書かれた転出予定日から30日目かのどちらか先に到達する日まで

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?