ここから本文です。

更新日:2011年3月25日

不受理申出

届出により効力が発生する婚姻・協議離婚・養子縁組・協議離縁・認知の届出について、本人に届出の意思がないのに届出人の一方または相手方などの関係者や第三者から勝手に届書を提出されるおそれのある場合、あるいは本人が届書に署名・押印していたが、届出前に意思がなくなった場合などに、届出人本人から「届書が窓口に提出されても、届出人本人が直接窓口に出向いて届出したことを確認できない限り、届書を受理しないよう」申し出をすることにより、届書が受理されるのを防止することができます。

対象となる届出

  • 認知
  • 婚姻
  • 離婚
  • 養子縁組
  • 養子離縁

提出先

原則として届出人の本籍地
橿原市では、市役所1階市民課です。

届出に必要なもの 

  1. 本人確認書類
  2. 届出人の印鑑

 注意点

  • 申し出できるのは、届出人となる本人に限られます。
  • 申し出されるときは、届出人となる本人が、印鑑と本人確認できる公的証明を持って窓口へお越しください。
  • 不受理申出の手続きは、原則として「申し出する本人が、戸籍担当課の窓口へ出向き、公的証明を提示するなどの方法により本人確認が可能な状態で不受理申出書を提出すること」によってのみ可能です。
  • 使者及び代理人による申出書の提出や、郵送提出は受付できません。
  • やむを得ない理由で本人が市区町村役場の窓口に来庁できない場合は、公証人役場で公正証書を作成するか、私署証書に公証人の認証を受けたものを準備して、市区町村役場へ提出(この場合のみ郵送でも可能)することにより、不受理申し出をすることが可能です。
  • 申出手続き完了後に、申出人が直接窓口に来られていることが確認できない状態で該当の届書の提出があった場合は受理されず、またその届け出のあったことが申出人に通知されます。
  • 申し出により不受理となるのは申し出を窓口で受付した時以降ですので、それよりも前に受理された届出を不受理とすることはできません。

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?