ホーム > 障がい者支援 > 障害者手帳 > 療育手帳(知的障がい)

ここから本文です。

更新日:2014年9月4日

療育手帳(知的障がい)

療育手帳は、知的障がいのある方が各種サービスを受けるために必要な手帳です。手帳には障がいの程度に応じた区分が記載されます。

※療育手帳の交付を受けるには、判定機関での判定が必要になります。

※申請・手帳の受取りは代理の方でも可能です。

手帳の交付申請の際は、事前にご相談ください

  • 18歳未満の方で、初めて手帳の交付申請をする場合は、まず、高田こども家庭相談センターに相談してください。
  • 18歳以上の方で、初めて手帳の交付申請をする場合は、まず、橿原市障がい福祉課に相談してください。

障がいの区分

平成22年6月1日以降、障がいの程度に応じて、A1(最重度)、A2(重度)、B1(中度)、B2(軽度)の区分が手帳に記載されます。平成22年5月31日以前に発行された手帳は、AかBかしか記載されていませんが、手帳は継続して有効です。(再交付申請をすると新しい形式の手帳が交付されます。)

判定機関

  • 18歳未満の方:奈良県高田こども家庭相談センター
  • 18歳以上の方:奈良県知的障害者更正相談所

申請窓口

障がい福祉課 (橿原市保健福祉センター南館1階)

費用

手帳申請に料金はかかりません。

申請に必要なもの(新規申請)

  • 顔写真1枚(たて4cm×よこ3cm。無帽。3ヶ月以内に撮影されたもので、はっきり本人と確認できる顔写真)
    ※家庭用プリンターで印刷したもの・ポラロイド・変形変色するものは不可
  • 印鑑(認印で可。申請書に本人が署名できる場合は不要)

お問合せ

  • 障がい福祉課
  • 奈良県高田こども家庭相談センター
    〒635-0095大和高田市大中17-6
    電話番号:0745-22-6079
    ファックス:0745-23-5527

療育手帳交付後の(再)判定

療育手帳は交付後も定期的に(再)判定が必要になる場合が多いです。

詳しくは療育手帳交付後の(再)判定をご覧ください。

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:福祉部障がい福祉課

橿原市畝傍町9-1保健福祉センター

電話番号:0744-20-0015

ファックス番号:0744-25-7857

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?