ホーム > 障がい者支援 > 障がい者関係の医療制度 > 自立支援医療(育成医療)

ここから本文です。

更新日:2013年7月1日

自立支援医療(育成医療)

自立支援医療(育成医療)は、身体に障がい、疾病があり、放置すれば将来に障がいを残すと認められる18歳未満の児童で、確実な治療効果が期待される医療を受ける場合に限り、医療費(薬剤費などを含む)の自己負担分が公費負担される制度です。制度が適用されると対象医療に関する医療費の自己負担分は原則1割になります(生活保護の方は自己負担なし)。また、1か月あたりの自己負担額に上限(一定金額以上は払わなくてもよくなる)が設けられます。疾病や所得などの状況に応じて、受給の可否、自己負担上限額などは異なります。
なお、制度を利用できるのは、指定を受けた医療機関に限られます。
制度を利用するには、所定の意見書を指定医療機関の特定の医師に作成してもらうなどの必要があります。意見書の用紙は障がい福祉課にあります。
申請は代理の方でも可能です。

本ページの記載内容はあくまで概要です。詳しくはお問い合わせください。

対象となる医療例

 白内障、先天性緑内障の治療、耳や口蓋裂などの形成術、歯科矯正、関節や肢体の形成術、関節置換術、人工透析、内部障がいに関する臓器移植や外科手術、HIV感染症の治療 他

申請窓口

障がい福祉課

申請に必要なもの(新規申請の場合)

  1. 意見書
    ※意見書の用紙は障がい福祉課にあります。医師に作成を依頼してください。
  2. 受診者と同じ医療保険に加入している家族など全員分の医療保険証の写し
    ※生活保護を受けている方は、生活保護受給証明書
  3. 印鑑(認印で可。申請書に保護者が署名する場合は不要)
  4. 特定疾病療養受療証(人工透析療法の場合のみ)
  5. 保護者の収入が分かる資料(「世帯」の方全員が市町村民税の課税がない場合のみ)
    ※「世帯」は原則、受診者と同じ医療保険に加入している家族などがその範囲となります。
    ※年金(障がい年金・遺族年金)の振込通知書、特別児童扶養手当の証書などの写しを提出してください。
    ※1月から6月までに申請する場合は前々年の収入、7月から12月に申請する場合は前年の収入が対象です。
  6. 受診者と同じ医療保険に加入している家族など全員分の課税証明書または非課税証明書(最近市外から転入された場合、または、市町村民税未申告の場合)
    ※1月から6月までに申請する場合は前年の1月1日、7月から12月までに申請する場合はその年(今年)の1月1日に、住民票が橿原市になかった方の(非)課税証明書を、1月1日時点で住民票をおいていた市町村で発行してもらってください。
    ※市町村民税が未申告の場合は、税の申告をして(非)課税証明書の発行を受けてください。
  7. 高額療養費(直近12か月間で3回以上該当)を証明するもの。但し、市町村民税所得割23.5万円以上で、重度かつ継続の疾病でない方のみ。
    ※高額療養費に係る医療機関の請求書3枚または決定通知書3枚

用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せください。

お問合せ

所属課室:福祉部障がい福祉課

橿原市畝傍町9-1保健福祉センター

電話番号:0744-20-0015

ファックス番号:0744-25-7857

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?