ここから本文です。

更新日:2017年5月30日

有料道路の障害者割引

有料道路料金が通常の半額になる場合があります。
事前に障がい福祉課で割引のための自動車登録手続をしておく必要があります。
※本ページの記載内容はあくまで概要です。例外や記載されていない規定が多くあります。
詳細は、利用する有料道路を管理する会社・公社などに問い合わせてください。

対象者

障がい者本人が運転する場合

身体障害者手帳を交付された方

障がい者本人以外の方が運転し、障がい者本人が同乗する場合

  • 第1種の身体障害者手帳を交付された方
  • 第1種の療育手帳を交付された方

※第1種かどうかは手帳に記載されています。手帳(の最初の方のページ)に「第1種」や赤のスタンプで「介護付用」の記載があれば第1種の手帳です。

対象となる自動車

  • 登録できる(軽)自動車は障がい者1人につき1台です。
  • 自動車検査証などの所有者欄に障がい者本人、配偶者、直系血族およびその配偶者、兄弟姉妹およびその配偶者並びに同居の親族などの(個人名義の)記載のあるもの。ただし、割賦購入(ローン)などで自動車検査証などの使用者欄に本人などの(個人の)記載がされている場合は対象となります。
  • レンタカー、タクシー、軽トラック、借用自動車、車検・修理時の代車などは割引の対象となりません。

利用方法

まず、障がい福祉課で割引のための登録手続(申請)が必要です。課窓口で障害者手帳に自動車登録番号・割引有効期限などを記載します。ETCでの割引登録もできます。
そのあとで、

ETCの登録をしなかった場合は

料金所にて係員に手帳を渡すなどして、割引を受けます。

ETCの登録をした場合は

ETCレーンを登録した車載器・車で無線通行すれば自動的に割引されます。
※ETCを利用する場合でも手帳は携行する必要があります。
※料金所の料金表示器や車載器には割引適用後の料金は表示されません。
※ETCの登録は申請後、処理に日にちがかかります。

ETCでの利用が可能となる日が書面で通知されますので確認してください。

申請に必要なもの(新規申請・更新申請・変更申請)

ETCを利用(登録)しない場合

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車検査証または軽自動車届出済証
  3. 運転免許証(第2種の手帳所持者方の場合のみ)

ETCを利用(登録)する場合

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車検査証または軽自動車届出済証
  3. 運転免許証(第2種の手帳所持者方の場合のみ)
  4. ETCカード(障がい者本人名義のもの)
  5. ETC車載器の管理番号が確認できるもの(ETC車載器セットアップ申込書・証明書など)

※第2種の手帳には「第2種」や青のスタンプで「単独用」と記載されています。

割引有効期限と更新申請

本割引制度には有効期限が設けられています。
継続して割引を受けるには2年毎の更新申請が必要となります。
更新申請は、割引有効期限の2か月前から行うことができます。(割引有効期限は手帳に記載されています)
更新申請に必要なものは新規申請と同じです。障がい福祉課で手続きを行います。

変更申請

下記の事項を変更する場合には、変更申請が必要です。
変更申請に必要なものは新規申請と同じです。障がい福祉課で手続きを行います。

ETCを利用(登録)していない場合

  • 自動車登録番号など
  • 自動車の自動車検査証など上の所有者、使用者

ETCを利用(登録)している場合

  • 自動車登録番号など
  • 自動車の自動車検査証など上の所有者、使用者
  • ETCカードの名義、番号
  • ETC車載器の管理番号
  • 申請者の名前、住所

お問合せ

  • 障がい福祉課
  • 利用する有料道路を管理する会社・公社

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:福祉部障がい福祉課

橿原市畝傍町9-1保健福祉センター

電話番号:0744-20-0015

ファックス番号:0744-25-7857

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?