ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

NPO法人にするには

2NPO法人にするには?

特定非営利活動法人を設立するためには、法律に定められた書類を添付した申請書を所轄庁に提出し、設立の認証を受けることが必要です(法第10条)。
提出された書類の一部は、受理した日から2か月間、公衆に縦覧されることとなります。所轄庁は、申請書の受理後4か月以内に認証または不認証の決定を行います。
設立の認証後、登記することにより法人として成立することになります。

設立認証から法人成立までのフロー

設立時提出書類一覧表

提出書類は、官公署が発給する文書を除いて、A4版で作成してください。

 

提出書類のリスト

提出部数

設立認定申請書

1 設立認証申請書

1部

2 定款

2部

3 役員名簿
(役員の氏名および住所または居所並びに各役員についての報酬の有無を記載した名簿)

2部

4 就任承諾および宣誓書の謄本

1部

5 役員の住所または居所を証する書面
※住民票の写しなど

1部

6 社員のうち10人以上の者の名簿

1部

7 確認書

1部

8 設立趣旨書

2部

9 設立についての意思の決定を証する議事録の謄本

1部

10 設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書

2部

11 設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書

(平成26年度末まで収支予算書でも可)

2部

設立登記完了後

1 設立登記完了届出書

1部

2 登記簿謄本

1部

3 定款

1部

4 設立の時の財産目録

1部

5 登記に関する書類の写し
(=2 登記簿謄本の写し)

1部

※提出部数が2部の書類については、1部を縦覧に供します。
様式については、ならNPOネット(外部リンク)からダウンロードできます。

お問合せ

所属課室:市民活動部市民協働課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2638

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る