ホーム > 文化・スポーツ・生涯学習 > 生涯学習 > 学校・地域連携事業 > 学校支援ボランティアの4タイプ

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

学校支援ボランティアの4タイプ

ボランティアとは何か

4つのタイプがあります。

学校支援ボランティアは、学習支援を目的とするものと環境支援を目的とするものに分けられます。また、活動に伴って技術や専門的知識を要するものとそうでないものにも分けられます。

学校支援ボランティアの4つのタイプ

hand15

学校支援ボランティアの4つのタイプ

学習支援

ゲストティーチャー型

(専門的な知識や技術が必要です)

子どもたちの学習の理解を深めるために、直接、学習指導をします。

*ものづくり指導、地域の歴史学習の指導、特産品を活用した社会科学習の指導、自然に関する理科学習の指導、短歌や俳句などの指導、戦争体験などのお話、茶道や華道、書道などの指導、農作物や植物栽培などの指導、英会話指導、伝統芸能の指導、パソコンの指導、部活動の指導など

学習アシスタント型

(専門的な知識や技術は必要なく誰でもできます)

子どもたちの学習活動を効率よく進めるために、教師の指導を手助けします。

*校外学習の引率補助、家庭科の実習の補助、放課後の補充学習の補助、本の読みきかせ、マット運動や跳び箱などの指導補助、小学校低学年の給食運搬や配膳の補助、朝のあいさつ指導、特別な支援を要する子どもの指導補助など

環境支援

施設メンテナー型

(専門的な知識や技術が必要です)

専門性を発揮しながら、施設や設備の維持管理を支援します。

*校舎の補修、飼育小屋づくり、壁紙の張り替え、パソコン管理、ホームページの作成・更新、植木の剪定など

環境サポーター型

(専門的な知識や技術は必要なく誰でもできます)

安全で快適な学習環境を整えます。

*校区内のパトロール、図書室の整理、花壇の整備、校舎の窓ふき、教材・教具の整理など

hand15

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局社会教育課

橿原市小房町11-5

電話番号:0744-29-6991

ファックス番号:0744-26-2555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?