ホーム > 文化・スポーツ・生涯学習 > 生涯学習 > 学校・地域連携事業 > 実践前の打合せは・活動の終了後は・ボランティアの輪を広げよう

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

実践前の打合せは・活動の終了後は・ボランティアの輪を広げよう

実践前の打合せは・・・

学校支援ボランティアとして活動することが決まったら、先生と十分な打合せをしましょう。

  • 当日の学校に着いてからの動きと活動場所などを確認しましょう。
  • 学校のねらいや子どもの様子について確認しましょう。
  • 活動内容については、自分の考えを提案しましょう。

活動時に気をつけることは・・・

  • 活動の中で知り得た子どもの秘密は守る。
  • 学校や先生の批判を子どもの前で絶対に言わない。
  • 活動の中で気づいたことは、遠慮せずに先生に相談する。

活動の終了後は・・・

活動の振り返り

活動終了後、先生方との話し合いを持ち、活動を振り返ってみることは、次回のボランティア活動を充実させ、よりよい活動にするために、ぜひ必要なことです。また、そのことは、自分の学習意欲をさらに高めることにつながっていきます。活動内容や感想など、自分なりに記録を残しておきましょう。

ボランティアの輪を広げよう

ボランティア活動は、一人だけで行うよりも、やはり仲間とともに行う方が良いと言われます。なぜなら、活動の悩み事があった場合に、仲間に相談することができ、お互いアドバイスし合うなど、資質を高めることができるからです。また、自分が用事がある時に、学校からの依頼があっても、仲間で対応することができます。

最初は、一人で始めても、活動をとおして仲間をつくるよう心がけることが大切です。楽しく、継続的なボランティア活動を行うためにも、ボランティアの輪を広げ、仲間同士が積極的に交流の機会を設けましょう。

hand20

お問合せ

所属課室:教育委員会事務局社会教育課

橿原市小房町11-5

電話番号:0744-29-6991

ファックス番号:0744-26-2555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?