ホーム > まちづくり > 公園 > 都市公園事業 > 新沢千塚古墳群公園整備事業

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

新沢千塚古墳群公園整備事業

このページは公園整備事業の紹介となります。

新着情報

  • フォトライブラリーのページを更新しました。冬枯れの今の季節は古墳の形がはっきり見て取れます。ぜひウォーキングにお越しください(30.2.14)New!

 

お知らせ事項

平成30年7月15日(日) 龍の広場がついにオープン!

 平成24年度から整備を進めてきた新沢千塚古墳群公園も完成が間近となってきました。

 今回 、公園の南群ではミストの噴き出す龍のモニュメントやコンビネーション遊具、ビオトープ、芝すべりなどが整備され、子ども達が楽しめる龍の広場としてオープンします。

 この完成を祝し、平成30年7月15日(日)に龍の広場のオープニングセレモニーが開催されます。

 また、ふれあいの里シルクの杜歴史に憩う橿原市博物館ガイダンス施設では同時にイベントも行ないますので是非ご来園ください。

 

場所:新沢千塚古墳群公園(南群) ふれあいの里の南

日時:平成30年7月15日(日)

 10時00分 オープニングセレモニー開始

 10時20分頃 テープカット

龍の広場

公園内での花火、バーベキュー等火気の使用は禁止です

公園内でゴルフや野球などは来園者及び近隣住民に危険を及ぼすことがありますので禁止です

  • 工事中のお知らせ

現在、北群側でのシルクの杜と博物館の間に駐車場を造る工事を行っております。また園内で樹木の伐採を行っておりますので、ご利用時はご注意ください。

バリカー等で仕切られた工事箇所への立ち入りは大変危険ですのでおやめくださいますようお願いします。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

新沢千塚古墳群公園整備事業の概要

新沢千塚古墳群は、橿原市の畝傍山南西の自然豊かな丘陵地にあり、昭和51年に国の史跡に指定された県下最大級の古墳群(群集墳)です。この史跡を含めた25.3haという広大な範囲を都市公園として、平成24年度から整備を進めています。

イメージパース透視図

 県道北側には、健康づくり・学習・交流の機能をもたせた拠点施設「シルクの杜」、県道南側には、来園者のための駐車場を整備し、農事組合法人が農産物の直売などを行う集客施設が平成28年4月24日にオープンしました。また県道により南北に分断された公園に立体横断歩道橋を整備し、公園来園者の利便性、安全性の向上を図っています。

桜の広場

古墳の写真

整備事業の進捗はこちら

新沢千塚古墳群公園の案内

 公園の全体図

新沢千塚古墳群公園は県道を挟んで北群公園と南群公園に分かれています。

※マップをクリックすると詳細な公園全体図が出ます。公園の全体図アイコン(PDF:1,029KB)

現在も整備中ですので、工事箇所には近寄らないで下さい。また一部未完成の施設、設備等ありますので、ご利用時はご注意ください。

北群公園

県道北側の北群公園は園路、広場、ビュースポット等整備しています。是非散策してみてください。

公園内の園路は一部園内の樹木を伐採したものをウッドチップ舗装として再利用しています。

散策路の案内

北群公園内散策路のルートとして、勾配が緩やかで気軽に散策できる歴史探訪ルートてくてくコース 約1.2km バリアフリー対応、代表的な126号墳前や古墳の間を抜けていくコース)と古墳丘陵地のアップダウンがある健康増進ルート(健脚コース 約2.3km 北群全域を周遊する健康づくりができるコース)がありますので、是非、ご利用ください。

歴史探訪ルート(てくてくコース バリアフリー対応)

 画像↓をクリックすると「てくてくコース」のコース紹介がでます

北群園路(PDF:2,245KB)

広場の案内

桜の広場、健康運動広場、アジサイ広場など、園内にてくつろげる広場も整備しています。

桜の広場

桜のひろば

健康運動広場

健康運動広場

アジサイ広場

あじさい広場

ビューポイントの案内

ビューポイントからは葛城山、二上山、畝傍山などが眺望できます。

139号墳前ビューポイント(写真正面は畝傍山)

ビュースポ 畝傍山

173号墳前ビューポイント(写真奥に二上山)

173号墳前ビュースポット(JPG:1,780KB)

南群公園

 県道南側の南群公園も広場や園路が整備され、季節の花が咲き、自然の中を散策できるようになりました。

 また、遊具やビオトープ、ミストが出る龍のモニュメントがあり、子ども達も楽しめる空間となっています。

四季の広場

桜、紅葉、クチナシを植栽しています。

南群公園四季の広場(JPG:2,100KB)

棚田の広場

広場の奥側にアヤメ、広場の手前側にカキツバタを植栽しています。

棚田の広場

龍の広場

平成30年7月15日 オープン

ミストの出る龍のモニュメントや遊具、ビオトープがあります。

龍の広場

 整備事業の進捗

主要事業の経過

平成24年度 千塚資料館大規模改修工事
平成25年度 北群公園の園路・広場整備工事、千輪荘解体工事、調整池整備工事 他
平成26年度 拠点施設新築工事着工、集客施設新築工事、1号立体横断歩道橋下部工事 他
平成27年度

拠点施設新築工事竣工、集客施設外構工事、立体横断歩道橋上部工事、

1号エレヘ゛ーター棟新築工事 他

平成28年度 千寿荘解体工事、北群調整池整備工事、南群公園整備工事 他
平成29年度

2号立体横断歩道橋下部、上部工事、2号エレベーター棟新築工事

立体駐車場整備工事、南群公園整備工事 他

今後の事業予定

平成30年度 北群整備工事、北群エントランス整備工事、南群植栽工事、南群公園内案内看板工事
平成31年度 公園整備工事

主要施設の紹介

新沢千塚公園拠点施設 「シルクの杜」

「シルクの杜」は隣接するクリーンセンターの焼却熱を有効に利活用するための新たな施設です。

市民の介護予防・体力増強などの健康づくり、多世代交流、生涯学習などに寄与するため整備しました。

イメージパース鳥瞰図

建物外観シルクの杜 外観

施設案内ページ(施設所管課:スポーツ推進課)

集客施設 「新沢千塚ふれあいの里」

県道の南側に、農産物の直売所、休憩所、トイレ、シャワールームなどが入る施設を整備しています。

イメージパース集客パース

建物外観集客施設

<施設案内ページ>(施設所管課:産業振興課)

古墳群の写真

写真

公園利用上の注意事項

現在も公園整備工事を行っております。工事箇所への立ち入りは危険ですので立ち入らないよう願います。

公園内で、以下のことを禁ず

  • 立ち入り禁止区域に立ち入ること
  • 公園内の土地又は公園施設を壊すこと
  • ゴミ、その他の汚物を捨てること
  • 植物を取ったり又は傷つけたりすること
  • 生き物を取ったり又は傷つけたりすること
  • 火気を使用すること、その他危険な遊びをすること<公園内での花火、バーベキュー等の禁止>
  • 広告物を貼り付けたり、もしくは宣伝をすること
  • 車、二輪車を乗り入れること(農耕車両、管理用車両を除く)
  • ゴルフ、野球などをすること
  • その他迷惑行為や、公園の管理に障害がある行為をすること
公園内で犬を散歩させる皆様へ
  • 犬のフンは、必ず持ち帰ってください。
  • 公園を利用する方の中には、犬を怖がる方もいらっしゃいます。飼い主から離れないよう、必ずリードをつけて、適切な管理をお願いします。

所在地 アクセス

所在地・位置図

  • 橿原市川西町、北越智町、鳥屋町

 

位置図

地図

こちら(外部リンク)

アクセス

車でお越しの場合

京奈和自動車道「橿原北IC」から約7km・「御所IC」から約2km

大和高田バイパス「新堂ランプ」から約3km

駐車場

平成29年10月16日より、南群側の駐車場を全面供用開始しております。

それに伴い駐車場内の通路(ロータリー)が右回りの一方通行にかわりました。(PDF:527KB)

 県道北側に、臨時の仮設駐車場があります。

 ※仮設駐車場には大型バス3台分の駐車箇所を用意しています。

駐車場位置図(PDF:539KB)

駐車場利用時間及び注意事項
火曜日以外 午前9時から午後9時まで
火曜日(シルクの杜休館日に準ず) 午前9時から午後5時まで

時間外の車の出し入れは不可

 駐車場内での盗難・トラブルについて、市は一切責任を負いません。

 危険な行為や近隣に迷惑となる行為を禁じます。

電車、バスでお越しの場合

電 車

近鉄電車 橿原神宮前駅下車 西出口より県道戸毛久米線を西に約2km

近鉄電車(外部リンク)

バ ス

奈良交通バス 橿原神宮前駅西口のりば 八木御所線、神宮観音寺線、神宮イオンモール線

「シルクの杜」バス停、下車すぐ

交通ページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部緑地景観課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3516

ファックス番号:0744-24-9715

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?