ホーム > まちづくり > 景観 > 橿原市屋外広告物条例

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

橿原市屋外広告物条例

平成30年10月1日より、橿原市屋外広告物条例施行規則が改正施行され、
中和幹線屋外広告物ガイドラインの誘導基準の一部が許可基準となり、強制力を持ちました。

ガイドラインの詳しい内容や基準の変更箇所は、以下の各リンクをご参照ください。

また、平成27年2月15日に札幌市内で発生した看板落下事故を受けて、
当市でも安全管理のあり方について、検討を進めているところです。

屋外広告物制度について

私たちの身近にある看板は、法令の用語で「屋外広告物」と呼ばれます。

屋外広告物は、賑わいの演出や円滑な情報伝達に欠かせません。
一方で、景観の重要な構成要素でもあり、落下等による事故の可能性も持っているため、法令による規制が存在しています。

屋外広告物法の定義では、以下の4つの要件をすべて満たすものが「屋外広告物」となります。
営利や宣伝を目的とするものに限らず、例えば、表札、案内、イラスト等も、その範囲に含まれます。

  1. 常時又は一定の期間継続して表示されるもの
  2. 屋外で表示されるもの
  3. 公衆に表示されるもの
  4. 看板、立看板、はり紙及びはり札/広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの/上記のものに類するもの

条例による規制・手続き

橿原市では、平成24年1月1日に橿原市屋外広告物条例を施行し、独自の規制等を展開しています。
条例による規制や手続き、申請や届出様式などは、以下の各リンクをご参照下さい。

古いパンフレットをお持ちの方は、主な変更箇所について、以下の資料をご参照下さい。

屋外広告物の是正についてご相談をされている方は、以下の様式をご使用下さい。

任意様式によるもの

橿原市違反広告物処理要綱によるもの

屋外広告業の登録

橿原市内では、奈良県知事への登録があれば、屋外広告業を営むことができます。
橿原市長への登録等の手続きは不要です。

違反広告物追放推進員制度

ボランティアの皆様により、一般の道路区域において違法な状態で掲出されている、はり紙、はり札、広告旗、立看板などの違反広告物を除却し、地域の環境や景観の向上、危害の防止を推進していただいています。
平成30年4月の時点で11団体162名の登録があり、皆様の継続した取り組みにより、市内の違反広告物はどんどん減少しています。

平成29年度までの違反広告物簡易除却の実績(PDF:293KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部緑地景観課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3516

ファックス番号:0744-24-9715

メールアドレス:ryokuchi@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?