ホーム > まちづくり > 景観 > 屋外広告物

ここから本文です。

更新日:2017年6月16日

屋外広告物

平成29年3月に「中和幹線屋外広告物ガイドライン」が策定されました。
これにより、中和幹線沿道では、通常の許可基準に上乗せで誘導を図って参ります。

また、平成29年5月には、奈良県と中和幹線沿道の5市町により、
「中和幹線沿道の屋外広告景観向上に関する協定」が締結されました。

詳しくは、以下のページ・資料をご確認ください。

また、平成27年2月15日に札幌市内で発生した看板落下事故を受けて、
当市でも安全管理のあり方について、検討を進めているところです。

許可申請手続き

橿原市屋外広告物条例が制定され、平成24年1月1日より広告物許可基準が新しくなりました。

また、平成26年度より可変表示式屋外広告物について規制を設けました。
設置される際は事前にご相談をお願いします。<設置基準(PDF:278KB)

屋外広告物とは?

お店の看板のように、屋外で一定期間以上の間、公衆に表示されるものを指します。
非営利目的のものやシンボルマークなどでも何らかのイメージを与えるものは、すべて屋外広告物に該当します。

なぜ規制を?

屋外広告物は、多くの情報を発信したり、街並みに賑わいを与える効果がある一方、無秩序に掲出されると景観を損なってしまいます。美しい景観づくりを目指し、色彩や掲出面積、設置場所などの必要な規制を行っています。

悪い例

良い例

屋外広告物を掲出される場合は許可が必要

  • 橿原市は全域で、原則として許可が必要です。
  • 面積規模などにより算出される手数料が必要です。
  • 許可期間は概ね3年で、継続許可の手続きが必要です。

フローチャート

違反広告物追放推進員制度

一般の道路区域において、掲出してはいけない場所に掲出された「はり紙」「はり札」「広告旗」「立看板」等の違反広告物を除却し、地域の環境や景観の向上および危害の防止を推進します。
この活動にご協力いただけるボランティア団体員を随時募集しています。団体は3名以上で構成され、市内に居住または勤務もしくは通学する20歳以上の方が対象です。既存の団体に加入していただくことも可能です。

ご協力いただける方、ご連絡をお待ちしております。

橿原市違反広告物追放推進員制度について(PDF:237KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部緑地景観課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3516

ファックス番号:0744-24-9715

メールアドレス:ryokuchi@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?