ホーム > まちづくり > 景観 > 橿原市景観計画・景観条例

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

橿原市景観計画・景観条例

※平成26年4月1日より、「橿原市ソーラーシステム等の設置基準に関する要綱」を実施しています。

この要綱は、既存の各法令を踏まえ、市内でソーラーシステム等を設置する場合の基準を定め、
良好な景観の形成に寄与することを目的としています。

「ソーラーシステム等」とは、太陽光発電を行うシステムをいい、太陽熱温水器も含みます。
また、建築物の屋根に設置するもののほか、地上に設置するものも対象となります。

橿原市内では、各法令により、ソーラーシステム等の設置が禁止されている場所もあります。

届出の手続き

届出対象に該当する行為は、担当者と事前協議のうえ、事前に届出(正副2部)を行ってください。

届出日から30日間は行為の着工が制限されますが、
審査の終了を以て、制限を解除する通知書を発行いたします。
標準処理期間は、約2週間です。

また、届出した内容を変更する場合や、行為が完了した場合にも届出が必要です。

関係図書

景観上重要な建造物や樹木の指定・保全

歴史的な集落・街道の景観を構成するものや、地域の象徴的な存在となっている建造物や樹木を、
所有者による合意のうえ、市が景観法に基づき指定し、保全を図ります。

橿原市では、現在2本の景観重要樹木が指定されています。

平成29年8月から1年間、Facebook上の連載で、エノキの定点観測を行いました。
蘇武橋のエノキ四季のうつろい(PDF:827KB)

景観重要樹木や景観重要建造物は、指定を提案することも可能です。
候補となるものがありましたら、ぜひ推薦をお願い致します!

景観まちづくり市民団体の認定

一定の区域において、自分たちの地区の景観をより良くするために活動する団体を、
景観まちづくり市民団体として認定します。

景観まちづくり市民団体に対しては、専門家の派遣や活動費用の助成を行っています。
ご協力いただける団体の方は、担当者までご連絡ください。

景観アドバイザー

橿原市の景観形成の推進を図るため、
専門的知識及び経験を有する方を「橿原市景観アドバイザー」として委嘱しています。
(平成30年4月時点で4名)

ご相談いただいた内容に対し、必要に応じて会議を開催しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部緑地景観課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3516

ファックス番号:0744-24-9715

メールアドレス:ryokuchi@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?