ホーム > 橿原市フォトライブラリー > 橿原ウォッチング > 平成24年12月 > Sing for the Earth in 飛鳥 Ⅲ(12月23日)

ここから本文です。

更新日:2012年12月25日

Sing for the Earth in 飛鳥 Ⅲ(12月23日)

飛鳥地方の世界遺産登録に向けて歌の力で盛り上げていくイベント「Sing for the Earth in 飛鳥 Ⅲ」が12月23日、かしはら万葉ホールで開催されました。
住民参加型のゴスペルコンサートで、橿原・高市広域行政事務組合の事業として今年度が3回目です。
コンサートの様子

まずは、橿原市世界遺産推進課から飛鳥地方の世界遺産の説明を行いました。
世界遺産推進課から行われた説明

そして、寺尾仁志with human note。寺尾仁志さんとhuman noteとの大合唱。
総勢150人の圧倒的なパワーで会場を盛り上げました。
大合唱

ステージの様子

寺尾仁志さん


スペシャルゲストとして光永亮太さんのLIVE演奏。光永さんの込められた想いが素晴らしい歌声で届けられました。
光永亮太さんのライブ演奏

光永亮太さん

最後に、橿原市白橿町を基点として活動するベル・コモンズによるハンドベル演奏と、出演者全員によるフィナーレ大合唱。先日華々しくデビューした飛鳥地方の世界遺産PRゴスペルグループ「ワールドヘリテージクワイヤ」100人も参加。寺尾仁志さん作詞・作曲「Sing For the Earth」を全350人と会場のみんなで締めくくり。
ベル・コモンズによるハンドベル演奏

せんとくん、あたかちゃん、さららちゃん、こだいちゃんも参加

ワールドヘリテージクワイヤなど一般参加者

フィナーレ大合唱

一人ひとりが歌の力を信じ、故郷に思いを馳せ、この飛鳥地方が世界遺産登録できるよう想いを一つにして歌いました。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?