ここから本文です。

更新日:2012年3月7日

平成24年度施政方針(3月5日)

3月の定例議会で森下豊市長は、平成24年度の施政方針を3月5日に発表しました。

施政方針全文はこちらからご覧ください。

施政方針演説

復活の願い、元気で頑張りましょうとの想いを込めて
今年の言葉は「

森下豊市長は、
昨年10月30日の市長選挙におきまして、多くの市民の皆さま方のご支持を賜り、2期目のスタートを切らせていただくことになりました。
これまでの取り組みを継承し、活力ある地域を目指して、資産を有効に活用し、歴史文化遺産を活かしたまちづくりに取り組みます。また、地域で活躍できる人材を育成し、組織の活性化を行い、財政難の時代に活路を開く財政・市政運営に全力で取り組みます。
民の皆さま、議会の皆さまの、ご理解とご協力なしには成しとげられません。市政2期目に向かう初年度にあたり、まず"森下 豊"自らが自分自身に"喝"を入れ頑張ってまいります」
とあいさつをし、平成24年度のまちづくりの方向性と取り組みを話しました。

都市を整備し住みよい、まちづくり

  • 良好な景観形成のため、大和三山の眺望保全および屋外広告物条例による具体的な取り組みの推進
  • 近鉄大和八木駅~県立医科大学間の国道24号のバリアフリーなど整備の継続
  • 県立医科大学を中心としたまちづくり計画の策定
  • 省エネ・省CO₂の啓発推進として、小学校一校に太陽光パネルを設置
  • 東竹田町消防団拠点施設へのソーラーシステムの設置
  • 環境総合計画の策定

誰もが暮らしやすい、まちづくり

  • がん検診推進事業の継続
  • 子宮頸がん予防ワクチン接種の助成対象を高校1年生まで拡大
  • 畝傍北幼稚園と大久保保育所、新沢幼稚園と川西保育所の再編整備の実施
  • 幼稚園の防犯カメラ更新
  • 耳成西小学校区放課後児童健全育成施設の増設
  • 幼児2人同乗用自転車購入補助の継続
  • かしの木園の一部施設改装
  • 乳幼児の入院時医療費助成を小学校卒業まで拡大
  • ひとり親家庭への医療費助成の継続実施

歴史遺産を伝える、まちづくり

  • レンタサイクル事業の実施
  • みやげ物発掘グランプリの継続実施
  • 世界遺産登録推進のため女子サッカーなでしこリーグINAC神戸レオネッサとの提携
  • 藤原宮跡の整備事業(列柱の取替え、藤原京資料室の展示内容の刷新、バイオ式トイレの設置)
  • 奈良文化財研究所都城発掘調査部藤原宮跡資料室の土・日・祝日開館への協働事業
  • 植山古墳の整備工事の設計
  • 今井町電線共同溝工事の継続
  • 平田家(北八木町)の一般公開の実施
  • 千塚資料館の大規模改修工事の実施

未来型企業を誘致する、まちづくり

道路などの交通網の整備による立地条件の良さから既に大規模な商業施設がありますが、優良な未来型企業を誘致すべく企業立地促進奨励金交付要綱を整備・推進し、この地の利をアピールして、最先端の技術を持つ企業誘致に力を入れてまいります。

  • 製造業・宿泊業(旅館・ホテル)の企業誘致の推進
  • 特別小口融資制度と緊急融資制度の継続実施

市民の命を守り助ける、まちづくり

  • 生活物資や避難用品の計画的な備蓄の実施
  • 職員の防災意識の向上と図上訓練の継続実施
  • 自主防災組織の推進と青色防犯パトロールの体制整備
  • 畝傍東小学校、畝傍・光陽中学校の校舎、耳成南・真菅北幼稚園の園舎の耐震化工事の実施
  • 木造住宅の耐震改修への補助の継続実施

近隣市町村との信頼関係を築く、まちづくり

  • 「藤原京ラビリンス」の継続実施
  • 畝傍山西にバイオ式の木造観光トイレの設置
  • 藤原宮跡資料室へのコミュニティバスの延伸運行の実施(土・日・祝日のみ)
  • 友好都市・中国洛陽市との交流
  • 事業の継続実施
  • 韓国国立公州大学への中・高校生の派遣
  • インドネシアからの中・高校生のホームステイの受け入れ

情報の垣根を取り払う、まちづくり

  • 「シティフォーラム」の継続開催
  • 橿原市コールセンター(かしはらにこにこコール)事業の継続

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?