ここから本文です。

更新日:2012年2月28日

認知症予防講演会(2月26日)

奈良県立橿原文化会館で認知症についての啓発と予防に関する講演会が行われました。
市長挨拶

講演会は2部構成で行われ、第1部は橿原市内で働くケアマネジャーらによる認知症の初期症状をテーマにしたショートコントが披露されました。
ショートコント1

音楽療法5
夫婦と同居している母親。普段の生活で、もの忘れが多く見られるようになり「もしかすると認知症なのでは」と家族が気付き始めます。

ショートコント3
市役所、ケアマネジャーへの相談、医療機関での受診など、認知症だと気付き始めたその時点からどうすればいいのかの具体的な流れをわかりやすく表現していました。

ショートコントの後は橿原市介護支援専門員連絡会会長による木曽江津子氏からの、認知症の基本的な知識の説明がありました。

木曽氏は、認知症の初期症状の特徴が書かれたチェックシートを使いながら思い当たる点がないかを来場者に問い掛け、それに併せて認知症の予防方法を紹介しました。
認知症の説明

第2部は認知症の予防法として音楽療法が音楽療法研究会かしの実により紹介されました。
音楽療法2

音楽療法1

療法といってもやることは簡単なことで、歌ったり、リズムに合わせて体を動かすだけです。音楽療法研究会の会長の門内一子氏は、過去に好きだった歌を歌うとその当時の記憶が自然と呼び起こされることを説明したうえで、歌と認知症の予防の関係性について述べました。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?