ホーム > 橿原市フォトライブラリー > 橿原ウォッチング > 平成24年2月 > 昆虫館バックヤードツアー(2月26日)

ここから本文です。

更新日:2012年3月6日

昆虫館バックヤードツアー(2月26日)

昆虫館の裏方を探検するイベント「バックヤードツアー」が2月26日に行われました。
予定していたよりも数多くの参加申込みがありましたが、昆虫館の粋な計らいで申込んだ方全員(30人)が参加しました。
さすがに全員で一緒に回るのは無理なので、3班に分かれてツアーを開始。

ツアー説明

同行した1班の順路

  1. カブト虫やクワガタなどの飼育
  2. 蝶の飼育
  3. 食草・密源植物の栽培
  4. 収蔵庫

カブト虫やクワガタなどの飼育

展示ケースの裏側

みんながいつも見ている展示ケースの裏側から昆虫を見学。
見やすくするようにガラスの清掃や昆虫のエサ交換などここから行っています。

たがめの飼育カブト虫の飼育

たがめやカブト虫、花カマキリなどいろんな昆虫をお世話をしています。

蝶の飼育

蝶の幼虫のエサやりオオゴマダラの幼虫観察

500匹以上の蝶が放蝶館に放たれています。

いつでもたくさんの蝶を見ていただくため、何百匹もの幼虫にエサをあげたり、糞の掃除をしたりとお世話をしています。
オオゴマダラの幼虫が食べるエサは、ホウライカカミの葉。
葉を1枚1枚拭き表面をきれいにしてから幼虫が入っているケースにエサを入れていきます。

オオゴマダラのさなぎ観察

金色に輝くオオゴマダラのさなぎの観察。

食草・密源植物の栽培

密源植物栽培

昆虫館の奥に温室が3棟あり、蝶のエサとなる花や幼虫のエサとなる植物を栽培しているんです。
蝶や幼虫のエサとなるため、農薬は使えません。アブラムシなど害虫が発生した時は、てんとう虫などを温室に放ち害虫を退治することもあるそうです。
さすがは昆虫館。

収蔵庫

収蔵庫

10万点近い標本が昆虫館にはあるそうです。

昆虫館バックヤードツアーは、昆虫館の職員が案内してくれるので昆虫に関することなら何でも教えてくれます。
約1時間の探検ツアー。参加者は疲れた様子はなく、「もっと見たい」、「あっと言う間やった」と楽しい時間を過ごしました。

一昨年から始まった「バックヤードツアー」。普段は見ることができない裏方の様子や昆虫の生態など教えます。次回の開催には「昆虫博士への第一歩」として参加してみてはいかがですか。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?