ホーム > 橿原市フォトライブラリー > 橿原ウォッチング > 平成24年1月 > コズミックカレッジ(平成24年1月21日)

ここから本文です。

更新日:2012年1月26日

コズミックカレッジ(平成24年1月21日)

かしはら万葉ホールで行われた宇宙についての企画が開催されました。このイベントはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力を受け行われたもので、宇宙の仕組みなどを実験しながら学べるイベントです。

簡易密封装置
はじめに行われた実験は簡易密封装置と呼ばれる装置を使った実験です。この装置はチューブで繋がれた注射器で、容器のなかの空気を抜くことができる器具で、容器のなかが宇宙と同じ真空状態をつくることができます。写真のなかの目盛りのついたものは気圧を測る装置です。

注射器で容器の空気を抜く子ども
容器の中にマシュマロを入れて空気を抜くと少し膨らむことが確認できました。これは空気が抜かれることで空気の重さがなくなり、見られた現象です。
傘袋ロケット

次は傘袋ロケットを作ります。これは名前の通り雨の日に使う傘を入れる袋を膨らませ、先に紙コップを付けたものです。

傘袋に好きな絵描く子ども
傘袋に子どもたちが好きな絵を描いて、自分だけのロケットを作りました。

傘袋に空気を入れて膨らませる子ども
絵がかけたら空気を入れて完成です。

傘袋ロケットを飛ばす子ども
ロケットが完成すると、かしはら万葉ホールの向かいにある中央体育館へ移動。お父さん、お母さんや友達らと思い切り飛ばしました。

みんなで一斉に飛ばしました
イベントの最後は参加した子どもたち全員で一斉にロケットを飛ばしました。

最後にみんなで記念撮影
子どもたち全員で記念撮影。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?