ここから本文です。

更新日:2011年12月13日

第1回 地域福祉講座(12月10日)

天理大学人間学部准教授の渡辺一城氏が、
「あなたは助けられ上手ですか?~地域福祉のはじめの一歩~」と題し、
地域福祉のあり方や問題点についての講演を中央公民館で行いました。

渡辺一城氏(天理大学人間学部准教授)

まず始めに、現状の社会問題として、

  • 孤独死
  • 児童虐待の相談件数の増加
  • 介護疲れによる自殺、殺人事件
  • 生活保護受給者の増加

などについて話しました。また、これらの要因、傾向や、現状の対応について問題点の整理を行いました。

では、今後の地域福祉の取り組みは、
”「つながり」「絆」をキーワードに行政、社会福祉協議会、地域包括支援センターなどの専門機関や専門職、民生委員やボランティア、住民などが各主体の限界(弱み)を踏まえて、強みを生かした協働が求められる。また、支援対象者であっても、主体となってもらえるような取り組みが必要である。”
と話されました。

講演の様子

講演の様子

演習の様子

「つながり」を形成する方法に関する演習の様子

最後に、
”地域福祉は、マイナス面をカバーするのではなく、プラス面(強み)を生かした支援を行うことが重要であり、支援とは、助ける側と助けられる側が双方向で成立し、ニーズの把握や問題発見力を高める必要があります。”
と話されました。

第2回 地域福祉講座が、2012年2月4日(土曜日)10時00分~11時30分(受付9時30分)に行われます。
ぜひ、この機会に参加てしください。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?