ここから本文です。

更新日:2011年12月13日

古代衣装で議会開催(12月6日)

694年12月6日に持統天皇が飛鳥浄御原宮(あすか きよみはらのみや)から藤原宮(ふじわらのみや)に遷都されたことにちなみ、市長、議員、職員一同61人が古代衣装で市議会に出席しました。

普段は地味なスーツが目立つ議場が、この日は男性は文官、女性は高松塚古墳の「飛鳥美人」がモデルの赤や黄色彩られた衣装に身を包み、華やかな雰囲気で開催されました。

古代衣装で議会に望む職員

古代衣装で議会に臨む職員

古代衣装で議会に望む橿原市議会議員

古代衣装で議会に臨む橿原市議会議員

議会開会の前に槇尾幸雄議長から
「藤原京が存在したことを誇りとし、歴史的資産を国内外にアピールするとともに「飛鳥・藤原の宮都とその関連遺産群」の世界遺産登録への気運を高めたい。そこで、昨年に引き続き、古代衣装をまとい、議場に朱色の列柱を立てることにより、古代、藤原京では、このような雰囲気の中で行政が行われていたのではないかと古代のロマンに想いをはせ、本日の会議を開催します。」
と趣旨説明がありました。

趣旨説明(槇尾幸雄議長)

次に、森下豊市長から
「過日の市長選挙におきましては、議員並びに市民の皆さんの熱いご支援のおかげをもちまして、引き続き橿原市政を担うこととなりました。改めて身の引き締まる思いでございます。
さて、この2期目は、社会経済情勢の厳しい状況のもと、本市の財政も厳しさを増すという状況が今後も続く中、引き続き安定した揺ぎない市政を推し進め、「人とともに、歴史とともにやさしく強いまち かしはら」の実現に向け、「いまやるべきことは いまやる」をモットーに全力で取り組む覚悟でございます。」
と開会のあいさつがありました。

開会のあいさつ(森下豊市長)

本日から12月定例議会が開催され、橿原市役所行政組織条例の一部改正をはじめ、平成23年度一般会計補正予算など26議案について、審議を行います。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?