ここから本文です。

更新日:2011年11月9日

十市町だんじり(10月8日)

十市町で1年の豊作を祝うだんじりが行われました。

十市町のなかを7つの「垣内(かいと)」と呼ばれる区画に分けられ、その区画ごとに所有しているだんじりを一列に町内を進めていきます。

出発前には7台のだんじりが列をなして待機しています。一度にこれだけのだんじりが並ぶ光景は迫力があり、ほかではなかなか見ることができないのではないでしょうか。
出発の時間まで待機しているだんじり

出発前のだんじりを引っ張って遊ぶ子どもたち。地域のお祭りならではの笑顔が見れました。
出発前のだんじりを引っ張る子どもたち

黄色い稲穂が一面の間をだんじりが進みます。
稲穂の間を進むだんじり

7台のだんじりが目指す場所は十市町内の十市御縣坐神社(とおちのみあがたにいますじんじゃ)です。出発しただんじりは神社を目指し順番に1台ずつ進んでいきます。一定の間隔を取り、列になって町内へ進入していきます。町内の路地はとても細く、だんじりが周りの外壁などに追突しないよう掛け声とともに進行方向を調整しながら少しづつ曳行します。
町内を曳行するだんじり だんじりに乗る子ども

だんじりは200メートルほど進むたびに休憩に入ります。休憩はみんなが持ち寄った飲み物を飲み、みんなでわいわいしながらの状態が20分ほど続きます。その間、だんじりの周りには町内の人たちが集まりおしゃべりを楽しみながら次の出発を待ちます。
止まっているだんじりを囲み休憩

だんじりを通して近所付き合いを自然にされている光景は、地域の大切さを改めて感じ取ることがでるように思います。

お問合せ

所属課室:総合政策部広報広聴課(広報担当)

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1116

ファックス番号:0744-21-4112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?