ホーム > 橿原市フォトライブラリー > 橿原ウォッチング > 平成23年9月 > 映画「朱花(はねづ)の月」舞台挨拶(9月3日)

ここから本文です。

更新日:2011年10月3日

映画「朱花(はねづ)の月」舞台挨拶(9月3日)

橿原・高市広域行政事務組合と組画(くみえ)で共同制作した映画「朱花の月」が、ついに公開を迎えました。
公開初日の9月3日、河瀬直美監督らによる舞台挨拶がイオンモール橿原アルルのTOHOシネマズで行われました。
舞台挨拶をする河瀨直美監督

飛鳥地方を舞台に複雑な男女の三角関係を描いたこの映画の制作秘話や、撮影を通して感じた飛鳥地方の魅力などを語っていただきました。

河瀨直美監督 こみずとうたさん

舞台で挨拶する河瀨直美監督(左)。
拓未役で出演している主演・こみずとうたさんも映画への想いを語りました。

映画の音楽を担当したのはハシケンさん。
この日は、河瀨直美監督の書いた詩をハシケンさんのギター演奏にあわせて、こみずとうたさんが歌を披露。

ギターを奏でるハシケンさん(右)と演奏にあわせて歌うこみずとうたさん

 

そして、森下豊橿原市長のあいさつ。「この映画をきっかけに世界に飛鳥地方のすばらしさを感じてもらいたい」。
森下豊橿原市長

 

さらに、舞台に駆けつけてきた何やら黄色い人(?)は・・・

あたかちゃん

橿原・高市広域行政事務組合のマスコットキャラクター「あたかちゃん」。
あたかちゃんも、たくさんの方に映画をみてもらえることを願っています。

台風12号が接近しているにもかかわらず、満席で大盛況。
映画の上映後には、握手&サイン会が行われました。

握手&サイン会の様子

たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?