ホーム > 事業者向け > 農業委員会 > 農業経営基盤強化促進事業

ここから本文です。

更新日:2011年1月11日

農業経営基盤強化促進事業

農地の貸し借りが、安心してできる制度です。対象になるのは、市街化調整区域の農地のみです。

また、農業経営の規模拡大など、経営の改善を図ろうとする農家の支援制度もできました。

利用権設定等促進事業

農地を借りたい農家と、農業経営規模の拡大を図りたい認定農業者等との間で、安心して農地の貸し借りができるようにする事業です。

本来、農地の貸し借りをする場合には、農地法による許可が必要ですが、利用権設定等促進事業を利用する場合は、農地法の許可が不要になり、簡単な申込みで農地の貸し借りができます。

出し手のメリット

  • 農用地を売っても貸しても、農地法の許可手続きが不要です。
  • 貸した農地は期限がくれば、離作料を支払うことなく必ず返却されます。また、継続して貸すこともできます。
  • 不在地主でも小作地が所有できるので安心です。
  • 農地を売った場合、譲渡所得について特別控除があります。

受け手のメリット

  • 農業経営規模の拡大、一体化が図れます。
  • 農用地を買っても借りても、農地法の許可手続きが不要です。
  • 賃借期間中は安心して耕作ができます。利用権の再設定により、期間満了後も手続きをすれば継続して借りることができます。
  • 農地を売買する場合、当事者が請求すれば市が所有権移転登記の手続きをします。また、不動産取得税、登録免許税が軽減されます。

お問合せ

所属課室:農業委員会事務局 

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?