ホーム > ナビコンパス > 平成29年度(第43回)社会福祉助成金

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

平成29年度(第43回)社会福祉助成金

対象

わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するものを対象とします。

  1. 申込者(実施主体)は、原則として非営利の法人であること
    (ただし、法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象とする)
  2. 明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
  3. 助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること(2017年11月から2018年10月末の1年間に、申込案件が実施・完了される事業が対象)
  4. 一般的な経費不足の補填でないこと
  5. 申込案件に、国や地方公共団体の公的補助がないこと、また他の民間機関からの助成と重複しないこと

締切日

2017年5月31日水曜日【当日消印有効】

助成金額・件数

助成金総額は1億円を目処とし、50件以上の助成を行います。

助成申込金額は限定しませんが、1件当たりの助成金額は、200万円を上限とします。

助成分野

福祉

申請方法

所定の申込用紙に必要事項を記入の上、下記添付書類と共に事務局宛に、ご送付願います。

全国からのお申込みに対して、公平を期すために、郵送のみでの受付とさせて頂きます。

申請書類の返送は致しません。

申請にあたり、必ず申請書のコピーもしくはひかえをお手元に残して下さい。

 

必要な書類

申込書類

(申請時のサイズはB4でお願いします)記載の後、B4に拡大コピーして提出でも構いません。

郵送時の折り曲げていただいて構いません。

下記関連リンクよりダウンロードしてください。

ダウンロードができない場合はファックス、ハガキ、または、E-メールにて、下記を明記の上、下記基金にご請求ください。

  • 郵便番号と住所
  • 団体名
  • 担当者名
  • 電話番号
  • ファックス番号

※注意事項

  1. 助成対象案件が事業場合2017年度丸紅基金社会福祉助成金申込書(2)も提出して下さい。事業とは、新規授産事業の立ち上げ、調査研究、書類の出版等、あるスケジュールの中で成果を生み出すものをいいます。物品購入及び施設改修等であっても、それが事業と組み合わさった案件の場合は、この申請書(2)も必ず記載してください。
  2. 申請書はホチキスでとめたら、穴を開けて綴ったりしないで下さい。折り曲げは可能です。
添付書類

(申請時のサイズは、各お申込団体でのサイズで結構です)

  1. 定款(任意団体の場合は、規約などの内部規定)
  2. 役員名簿(住所、氏名、年令の記載があるもの)
  3. 申込団体および申込対象施設の決算書(収支決算書・賃借対照表)
    ※任意団体の場合は、年間の会計報告書等 ※直近のものをご提出ください。
  4. 対象事業案件に要する費用の根拠となる書面(見積書、購入商品のパンフレット・カタログの抜粋、写しなど)
  5. 団体・施設の案内書(最近の活動状況の刊行物があれば、併せて添付してください)
  6. 本部および申込対象施設の所在地地図
  7. 法人格をお持ちの団体は、登記簿謄本の写し(発効から3ヶ月以内のもの)
詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

社会福祉法人 丸紅基金

〒103-6060

東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー

TEL:03-3282-7591・7592

FAX:03-3282-9541

E-mail:mkikin@marubeni.com

HP:http://www.marubeni.or.jp/promote/guidelines/tabid/70/Default.aspx

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る