ホーム > ナビコンパス > 2016年度近畿ろうきんNPOアワード

ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

2016年度近畿ろうきんNPOアワード

子どもや子育てを取り巻く環境が厳しくなる中で、社会的課題として「子育て」への関心が高まっています。子どもや子育てに関わる支援など「未来に活かす」多彩なプログラムの応募をお待ちしております。

対象

  1. 近畿2府4県に主たる事務所を置いている団体
  2. 非営利の市民活動・ボランティア活動を行うNPO法人と法人格のない任意団体。
    (宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体は除きます。)
  3. 〈はぐくみコース〉については、予算規模200万円以下の小規模な団体のみが応募いただけます。
  4. 予算規模200万円以下の団体は、どちらかのコースを選択ください。(一つの団体で両方のコースを応募することはできません)

 ※申請書と提出書類(規約または定款、収支決算書を含む事業報告書、役員名簿、ニュースレターまたはパンフレットなど団体の概要がわかるものなど)を期日までに提出いただくこと。

分野

子育て

締切日

2017年1月31日火曜日【必着】

助成金額

〈はばたきコース〉

  • 大賞・・・50万円(1団体)
  • 優秀賞・・・30万円(2団体)
  • 奨励賞・・・20万円(5団体)

〈はぐくみコース〉

  • はぐくみ賞・・・10万円(4団体)

内容

〈はばたきコース〉
団体規模に関係なく新規プログラムを募集します。

〈はぐくみコース〉
地域で頑張っている予算規模200万円以下の小規模団体を応援します。

 いずれかのコースを選択いただき、ご応募ください。

事業について

2017年4月1日から2018年3月31日に、日本国内で実施する新規プログラム(前年度からの継続事業でも可)で、以下のいずれかの子育て支援事業とします。

  1. 子どもの成長を応援する事業
  2. 子育て環境を整える事業

 ※直接、子供が事業の対象でなくても、子育て支援に関わることであれば応募可とします。
2015年度の受賞例:
・学習支援と「みんなの食堂」を通して子どもの育ちを見守る地域のつながり を作る事業  ・外国人の親を持ち、家庭に困難を抱える子どもの見守り・学習支援活動   ・貧困家庭の子どもの応援活動の継続のため、団体間の活動情報の交換、社会に還元する仕組みづくり  ・自然豊かな里山や古民家を交流拠点とする子育てコミュニティづくり  ・児童養護施設の子どもの 自己肯定感と卒所後の自立をめざした造形活動   ・子どもの遊びの中に、「空間」「時間」「仲間」の3つの「間」を共有する企画提供事業  ・子育て中の母親の課題解決に向けた当事者による交流や学びの企画・実施   ・孤食・孤立の子どもを支援する「子ども食堂」等の居場所づくり  ・子どもの貧困問題やその支援のあり方の学びを通したボランティアの養成活動   ・小児科医療関係者への電話対応研修を通じた、医療関係者の子育て支援活動   ・「ひとり親家庭」同士の交流と学習を通し、子どもの教育・育成の支援活動   ・障がいのある子もない子も、絵本を通した交流・「絵本の広場」と「広場読み」の実施   ・子どもが高齢者施設へ出向き絵本の読み聞かせボランティア体験の実施

申請方法

所定の申請書に必要事項を記入の上、提出書類を添付して各2部(申請書と提出書類)を郵送してください。(申し込み書類は返却いたしませんので、ご了承ください)

提出書類

  • 規約または定款
  • 団体の収支決算書を含む事業報告書
  • 役員名簿
  • ニュースレターまたはパンフレットなど団体の概要がわかるものなど
詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

近畿労働金庫 地域共生推進室(担当:浦田氏、中須氏)
(受付/月曜日から金曜日、9時から17時、土日祝日は除く)

〒550-8538

大阪市西区江戸堀1-12-1

TEL:06-6449-0842

FAX:06-6449-1303

HP:http://www.rokin.or.jp/

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る