ホーム > ナビコンパス > 平成28年度私的録音補償金公募助成

ここから本文です。

更新日:2015年10月16日

平成28年度私的録音補償金公募助成

私的録音補償金は、本来著作権者や著作隣接権者に還元されるものですが、実際の著作物の私的利用が特定できないことから、補償金の一部を著作者などの共通の利益のための事業に使用することが定められています。そのために一般社団法人私的録音補償金管理協会(sarah)は、私的録音補償金の一部により、文化の創造を担う人たち(著作者、実演家、レコード製作者)を支えていくための事業を実施しています。
その一環として、社会全体が文化的な創造性を持ち続けていくために、音楽・芸能にかかわる創造活動及び創造環境の整備を目的とした活動に対し、支援するための助成を行っています。

助成対象分野

(1)音楽・芸能創造活動
1,新しい可能性を提案する独創的な創作又は企画を含んでいる公演であって、その鑑賞を奨励することが、広く音楽・芸能の振興、普及及び愛好者の増大に寄与すると認められるもの
2,今後、活躍が期待される若手のアーティストを育成すると認められる公演
☆出演者の国籍及び資格は問わない
☆開催場所は日本国内に限る

(2)音楽・芸能創造環境整備活動
音楽・芸能分野の講演会、シンポジウム、
セミナーなど音楽・芸能文化の創造を支える環境整備に寄与すると認められるもの
☆出演者、執筆者等の国籍及び資格は問わない
☆開催場所は日本国内に限る
※なお、既に前年度、前々年度と2年連続して助成を受けている事業は除く

応募資格

  1. 営利を目的としない法人
  2. 任意団体にあっては、規約、会則等があり、
    意思の決定及び会計処理のための組織を有しているもの

締切日

2015年10月30日金曜日【当日必着】

助成金額

  1. 助成金総額(全事業)
    1,000万円を限度とする
  2. 1事業当たりの助成金額
    100万円以内
    但し、当該事業の経費総額から人件費等固定的・経常的な経費を差し引いた金額の範囲内
    助成という趣旨から、助成金額は総事業費の半額を越えないこと

事業の時期

2016年4月1日から2017年3月31日までに行われるもの

助成分野

文化

申請方法

所定の書類に必要事項を記入し、下記法人に提出してください。
※提出された申請書類は、返却いたしません。
※各活動とも、各々につき1団体1件とする。

必要な書類

  1. 助成申請書(別紙1)及び事業計画書(別紙2)並びに収支予算書(別紙3)
  2. 営利を目的としない法人にあっては、定款又は寄付行為、
    役員名簿及び前年度事業報告・収支決算書。
    任意団体にあっては、団体概要、規約、会則等及び前年度事業報告・収支決算書
詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

一般社団法人私的録音補償金管理協会事務局

〒102-0083

東京都千代田区麹町1-8-14 麹町YKビル2階

TEL:03-3261-3444(代)

FAX:03-3261-3447

E-mail:sarah-keiri@ac.wakwak.com

HP:http://www.sarah.or.jp/

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る