ホーム > ナビコンパス > 平成25年度「助成」

ここから本文です。

更新日:2013年4月18日

平成25年度「助成」

目的は、“鱗翅生物、伝統的民芸作品および絵画等に係る博物館の運営を行うことにより、文化および芸術の振興に寄与し、博物館学芸員等の資質の向上のための助成および青少年の社会教育活動に対する助成等を行うことにより、もって我が国の社会教育の振興に寄与する”ことであります。助成事業は以下の4つです。

  1. 博物館学芸員などの内外研修に対する助成
  2. 博物館に関する国際交流に対する助成
  3. 青少年の社会教育活動に対する助成
  4. 文化及び芸術等の振興に対する助成

対象

博物館学芸員等の内外研修に対する助成
1、次のいずれかに該当する者で、所属長の推薦がある者
イ、学芸員資格を有し、大学卒業後10年以上博物館等において専門的な職務に従事している者
ロ、大学院修了者で研究調査等の専門職に従事している者
ハ、学芸員資格は有しないが、大学卒業後10年以上博物館等において専門的な職務に従事している者
ニ、上記イからハに準じる者

2、研修先が確定していること

3、研修先が外国の場合は、研修に耐え得る語学力及び体力を有すること

博物館に関する国際交流に対する助成:国内の博物館職員、学芸員など

青少年の社会教育活動に対する助成:社会教育団体など

文化及び芸術等の振興に対する助成:文化及び芸術等の社会教育活動団体など

締切日

2013年4月25日木曜日(当日消印有効)

助成金額

  1. 博物館学芸員等の内外研修に対する助成:1件当り20万円以内
  2. 博物館に関する国際交流に対する助成:1件当り50万円以内
  3. 青少年の社会教育活動に対する助成:1件当り40万円以内
  4. 文化及び芸術等の振興に対する助成:1件当り40万円以内

内容

  1. 博物館学芸員等の内外研修に対する助成
    学芸員等の博物館職員が、調査研究をおこなうための内外研修費用
  2. 博物館に関する国際交流に対する助成
    ・国内の博物館が、海外からの作品等を展示公開する際の費用
    ・学芸員等の博物館職員が資料の保存技術、展示方法等に関するケーススタディ、情報交換など国際交流を行うための費用
  3. 青少年の社会教育活動に対する助成
    社会教育団体、又は青少年を対象とする団体が行う青少年の健全育成のための社会教育活動、又はこれを促進するための事業
  4. 文化及び芸術等の振興に対する助成
    団体等が行う文化及び芸術等の社会教育活動又はこれを促進するための事業

事業の時期

2013年4月1日から2014年3月31日までに実施される活動または、事業

申請方法

所定の申請用紙に必要事項を記入して“簡易書留”で送付願います。

必要な書類

  1. 「申請書」及び「添付資料の推薦書」を「正」1組・「副(コピー可)」1組、計2組(「推薦書」以外の添付資料は「正」1組のみ)
  2. 切手90円分〔80円切手+10円切手〕
  3. 申請担当者の宛名を明記した返信用封筒〔長3サイズ・切手は貼らない〕
詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

公益財団法人 カメイ社会教育振興財団

事務局長:片倉 義和 氏 担当:岡崎 恵美 氏

〒980-0022

仙台市青葉区五橋1-1-23(カメイ美術館内、9時30分から17時00分、月曜定休)

TEL:022-264-6543
FAX:022-264-6544

E-mail:info@kameimuseum.or.jp

HP:http://www.kameimuseum.or.jp/foundation/

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る