ホーム > ナビコンパス > 地域の伝統文化保存維持費用助成

ここから本文です。

更新日:2013年1月18日

地域の伝統文化保存維持費用助成

わが国において、古来、地域に伝承されてきた民族の遺産ともいえる固有の伝統的な文化が時代とともに消滅しつつある現在、こうした歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能・民族技術を正しく後世に残すことが時代の責務であるとの考えに立って、当財団は、これらの継承のための諸活動、とくに後継者育成に必要な技能修得のための諸活動への支援を行います。

対象

  1. 地域の民俗芸能への助成
    地域の民族芸能の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体
  2. 地域の民俗技術への助成
    地域の民俗技術の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体

締切日

1013年1月31日木曜日※当日消印有効
(県および市町村の推薦をいただくのにも相応の日数が必要となりますので、ご注意ください)

助成金額

  • 地域の民俗芸能・・・1件につき上限70万円
  • 地域の民俗技術・・・1件につき上限40万円

助成の条件

  1. 平成25年度(平成26年3月まで)に、後継者育成と保存継承に必要な諸経費(道具整備費、製作材料費、育成研修費、記録保存費用など)の支出を予定していること。
  2. 上記支出を賄うために、個人または団体の負担以外に外部からの資金協力が緊急不可欠の状態であること。
  3. 都道府県教育委員会または知事部局の文化関係課・文化財所管課の推薦があること。

申請方法

所定の用紙に必要事項を記入して、郵送してください。でき得る限り、簡易書留便で送付願います。
提出書類は原則として返却いたしません。したがって、とくに返送を必要とするものは、その旨を明記の上、返信用の封筒(切手貼付)を同封してください。

必要な書類

  • 申込書(所定用紙A4判3頁)
  • 推薦書(所定用紙A4判1頁)
  • 写真
    実際に活動している状況が判る写真(行事や練習風景など)
    申込内容の状態が判る写真(申込に関わる道具や衣装の現在の状況など)
    審査対象資料のため必ず5から6枚程度を添付してください。(カラーコピーでも可)
  • 直近の収支決算書(写)
  • 直近の収支予算書(写)作成済みの場合、添付願います。
  • その他継承してきた伝統文化の参考資料があれば提出してください。
  • 申込に関わるパンフレット・見積書(写し)を入手済の場合には添付願います。
詳しくは下記関連リンクより・・・

 

お問合せ・書類の提出先

公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団

〒160-0023

東京都新宿区西新宿1-9-1

明治安田生命新宿ビル

TEL:03-3349-6194

FAX:03-3345-6388

HP:http://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp/

 

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る