ホーム > ナビコンパス > 第46回「博報賞」

ここから本文です。

更新日:2015年6月19日

第46回「博報賞」

あらゆる教育実践の場における、優れた実践活動、今後のモデルともなる新たな視点での取り組み、また長年積み重ねた地道な活動などの推薦をお待ちします。

推薦対象

小・中学生を中心とする児童生徒を対象とした教育活動実践者
●団体(小学校、中学校、研究団体、ボランティア団体など)
●個人(実践活動を推進されている先生、研究者、ボランティアの方々など)

事業の目的

児童・生徒に対する日頃の教育現場で尽力されている、学校・団体・教育実践者を顕彰することを通して、児童教育の現場を活性化させることを目的とします。

対象部門と各部門の活動範囲

国語・日本語教育部門
●考える力、感じる力、想像する力、理解する力、表す力、伝える力の育成を目指す教育
●あらゆる学びの場におけることば教育

特別支援教育部門
インクルーシブ教育の理念に則った教育的支援活動(視覚障害、聴覚障害、言語障害、肢体不自由、身体虚弱、知的障害、情緒障害、LD、AD/HD、自閉症等)

日本文化理解教育部門
伝統文化、現代文化、生活文化、地域文化などに関する学習、継承を通して、日本の文化を大切にする心を育み、日本人としての自己の確立を目指す教育

国際文化理解教育部門
●外国語活動、国際交流などを通し、諸外国の歴史や文化を理解し、地球的視野に立って行動できる主体性を身につける教育
●外国籍児童・生徒に対する学校・家庭・地域における支援活動

教育活性化部門
●上記以外の分野で、新しい教育テーマ等の開発や独創的な学校・授業改革
●学校・地域・保護者などの連帯による、また学校以外での学びの場づくりなど、人間力を育てる実践活動

推薦資格のある方(自薦不可)

  • 都道府県市区町村教育長、教育事務所長、教育センター長
  • 学校長会会長
  • 都道府県私学協会長
  • 博報賞5部門に関わる教育研究団体の代表
  • 大学教授など学識経験者  など

※その活動を理解し、責任をもって推薦できる方
※候補者の活動に直接関わっていない方

締切日

2015年6月30日(火曜日)【下記財団必着】

助成金額

●5部門あわせて20件前後
●各受賞者に賞状と副賞金(100万円)

推薦方法と推薦資格

●下記財団ホームページに添付又は、都道府県市区町村各教育委員会、関連教育研究団体等に郵送の推薦要項・推薦書を使用
●都道府県市区町村教育長、校長会長、私学協会長、教育研究団体の長、博報賞の5部門に関する学識経験者など第三者による推薦が必要(自薦不可)

推薦書

推薦書は、推薦者が漏れのないようにご記入の上、「推薦者の署名及び捺印」後、郵送にて下記財団宛にお送りください。
パソコンで作成する場合は、下記財団ホームページから推薦書をダウンロードし、規定のページ内におさめてください。
※推薦書は、推薦者がご記入ください。但し、主要業績、活動内容の詳細については、候補者が記入しても構いません。
※電子メール、FAXではお受けできません。

審査資料

●実践記録、刊行物、映像資料、学校要覧などを5~6点に絞り、添付してください。
●映像資料は、DVDまたはVHSビデオに、審査対象となる部分のみ収録してください。
※審査資料には一点ずつ全てに、候補者名(団体名・個人名)を明記してくだい。
※審査資料は、審査終了後(12月下旬頃)候補者に直接返却します。

詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

公益財団法人 博報児童教育振興会 博報賞担当

〒107-0052

東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館8階

TEL:03-5570-5008

FAX:03-5570-5016

E-mail:hakuho.foundation@hakuhodo.co.jp

HP:http://www.hakuhodo.co.jp/foundation/prize/

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る