ホーム > ナビコンパス > 子どもゆめ基金困難な環境にある子どもの体験活動や読書活動への助成

ここから本文です。

更新日:2014年11月25日

子どもゆめ基金困難な環境にある子どもの体験活動や読書活動への助成

民間団体が、貧困の状況にある子どもの健やかな育成を目的として体験活動や読書活動を行う場合、通常は対象外とされている参加者の交通費・宿泊費や飲食代など(自己負担経費)について、特に助成の対象とすることで、子どもの参加に係る負担を軽減します。

対象

次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、貧困の状況にある子どもの健やかな育成を目的として、子どもを対象とした体験活動や読書活動の振興に取組む団体

  1. 公益社団法人、公益財団法人または一般社団法人、一般財団法人
  2. 特定非営利活動法人
  3. 1、および2、以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
    ①国または地方公共団体
    ②法律により直接に設立された法人
    ③特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
  4. 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

締切日

〈一次募集〉
【別紙様式1-A】
【別紙様式1-B】(平成27年4月1日から9月30日までに開始)
郵送申請:平成26年10月1日から12月3日
電子申請:平成26年10月1日から12月5日

〈二次募集〉
【別紙様式1-B】(平成27年10月1日以降に開始する活動)
郵送申請:平成27年5月1日から6月24日
電子申請:平成27年5月1日から6月26日

※郵送申請の場合、締切日の消印有効
※持ち込み、および電子申請の場合、締切日の17時まで

助成金額

全国規模(24都道府県以上で、参加者を募集する場合)・・・標準額(目安)300万円、限度額600万円
都道府県規模(全国規模以外で、都道府県全域または、それを超えて参加者を募集する場合)・・・標準額(目安)100万円、限度額200万円
市区町村規模(上記以外)・・・標準額(目安)50万円、限度額100万円

内容

  1. 児童養護施設や母子生活支援施設をはじめとする貧困の状況にある子どもの健やかな育成を目的としている民間の機関・団体が行う体験活動や読書活動
  2. 上記1以外の民間の機関・団体が、貧困の状況にある子どもの健やかな育成を目的として、児童養護施設や母子生活支援施設等、地方公共団体と協力して行う体験活動や読書活動

なお、上記2に該当する場合は次の2点について、A4用紙1枚程度の資料を作成し、申請書に添付してください。
●貴団体が協力を得る団体の名称、団体概要、担当部署および連絡先
●貴団体が協力を得る具体的な内容

事業の時期

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に行われる活動

申請方法

  1. 電子申請システムを利用した申請
    電子申請システムの利用には、事前にID申請が必要です。ID申請の確認は職員が対応するため、ID申請の集中が予想される締切り間近や土日祝日は登録に時間がかかりますので、余裕をもって申請するようにお願いします。子どもゆめ基金のホームページから電子申請システムをご利用ください。
  2. 郵送による申請
    申請書に必要事項を記入のうえ、郵送や宅配便により提出してください。その際、簡易書留など配達記録の残るものを利用し、封筒の表に「申請書在中」と記入してください。

ファックスまたは、電子メールによる申請は受け付けていません。

詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部 助成課

〒151-0052

東京都渋谷区代々木神園町3番1号

フリーダイヤル:0120-579081(携帯電話も可。月曜日から金曜日、9時から17時45分)

TEL:03-5790-8117/8118

FAX:03-6407-7720

E-mail:yume@niye.go.jp

HP:http://yumekikin.niye.go.jp/

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る