ホーム > ナビコンパス > 2015年度(第13回)ドコモ市民活動団体への助成

ここから本文です。

更新日:2015年3月17日

2015年度(第13回)ドコモ市民活動団体への助成

よりよい未来のために頑張る仲間を応援します

対象団体

  1. 日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体でNPO法人などの法人格を有するもの、または取得申請中の団体で8月末までに法人登記が完了見込みの団体。
    なお、活動実績が2年以上であること(法人格を有する以前の活動実績を含みます)。
  2. 複数の団体が連携した協働事業の場合は、代表申請団体が上記1の要件を満たしていることを条件とします。地域の中間支援組織(NPO支援センターなど活動支援団体)を代表申請団体とする場合に限り、法人格の有無は問いませんが、任意団体の場合は、会則、規約又はそれに相当する文書を有し、適正な事業計画書、予算・決算所が整備されていることを条件とします。

※反社会的勢力とは一切関わっていないことを要件とします。

締切日

2015年4月24日金曜日【必着】

助成金額

  • 子ども分野:総額1,500万円(上限)予定
  • 環境分野:総額500万円(上限)予定

対象活動

子ども分野:「子どもを守る」をテーマに子どもたちの健やかな育ちを応援する次のような活動

  1. 不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対しての精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール・カウンセリングなど)
  2. 児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒を保護・支援する活動
  3. 非行や地域犯罪などから子どもを守るための支援活動
  4. 子どもの居場所づくり(働く親支援のための安全な保育、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)
  5. 発達障がい(アスペルガー症候群、LD、ADHDなど)のある児童・生徒の支援活動
  6. 東日本大震災で被災した子どもたちの支援活動
  7. 上記1から6以外で「子どもを守る」という視点に立った活動テーマにふさわしい支援活動

環境分野:「環境を守る」をテーマに、これからの地球や地域の環境のためになる次のような活動

  1. 省エネ、再生可能エネルギー導入の推進など、低炭素社会の実現に向けた活動
  2. リデュース・リユース・リサイクルなど、循環型社会を形成するための活動
  3. 森林管理、里地・里山づくり、希少生物の保護など、地域の生物多様性の保全に繋がる活動
  4. 化学物質・有害物質対策により地域住民の安心・安全を確保する活動
  5. 環境教育、環境情報を通じた双方向のコミュニケーションを促進する活動
  6. 上記1から5以外で「環境を守る」という視点に立った活動テーマにふさわしい支援活動

※「子ども」「環境」ともに、日本国内で実施する活動を対象とします。

事業の時期

2015年11月1日から2016年10月31日に実施する活動

申請方法

下記事務局のホームページからダウンロードした申請書に必要事項をご記入のうえ、簡易書留、宅配便など必ず配達記録が残る手段で送付してください
可能であれば、申請書の電子ファイル(Word)をCD-R等の電子媒体に保存し、同封してください。
配達記録が残らない手段で送付された場合、紛失の責任は負いません。
MCF事務局への持ち込み、ファックスやEメールによる申請は、受け付けません。

詳しくは下記関連リンクより・・・

お問合せ・書類の提出先

NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局

〒100-6150

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F

TEL:03-3509-7651(平日10時から18時)

E-mail:info@mcfund.or.jp

HP:http://www.mcfund.or.jp/docomo_josei/action.html

お問合せ

市民活動交流広場(愛称:ナビコンパス)
〒634-0804
奈良県橿原市内膳町1丁目6番8号
(橿原観光交流センター5階)
TEL:0744-47-2380
FAX:0744-47-2381
Email:navicom@city.kashihara.nara.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る