ホーム > まちづくり > 建築・開発 > 建設リサイクル法

ここから本文です。

更新日:2013年7月16日

建設リサイクル法

分別解体等の事前届出

特定建設資材(コンクリート、アスファルト、木材など)を用いた建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する新築工事等で建設工事の規模が下表に該当する場合は、工事着手の7日前までに橿原市長に届出を行うとともに、分別解体等と再資源化等を実施しなければなりません。
届出は建築指導課にて受け付けております。

工事の種類 規模の基準
建築物の解体 床面積の合計80平方メートル以上
建築物の新築・増築 床面積の合計500平方メートル以上
建築物の修繕・模様替え(リフォーム等) 請負代金の額1億円以上
その他の工作物に関する工事
(宅地造成・擁壁工事などの土木工事等)
請負代金の額500万円以上

様式集  

 平成25年7月16日より様式が変更になりました。

 注意:代理者が届出に係る書類の加筆・修正及び削除を行う場合は、委任状が必要です。

  建設リサイクル実務の手引き(奈良県内版)(PDF:94KB)

  

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:まちづくり部建築指導課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-3517

ファックス番号:0744-24-9718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?