ホーム > 障がい者支援 > 年金・手当 > 手当 > 特別児童扶養手当

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

特別児童扶養手当

対象者

20歳未満の身体または精神に中程度以上の障がいのある児童を監護している父母、あるいは父母に代わってその児童を養育している方に支給されます。

次のいずれかに該当する場合は支給対象とはなりません。

  • 日本国内に住所がないとき
  • 児童が児童福祉施設(通所施設は除く)に入所しているとき
  • 児童が障がいを支給事由とする公的年金を受けることができるとき

金額(平成29年4月から)

障害程度

手当の額(児童1人あたりの月額)

1級

51,450円

2級

34,270円

所得制限があります。請求者または配偶者および扶養義務者(同居している請求者の父母、兄弟姉妹など)の前年所得(1月から6月申請の場合は前々年所得)が、所得制限限度額を超えた年度は支給されません。

所得制限

所得制限限度額表

扶養親族等の数

請求者(本人)

配偶者・扶養義務者

0人

4,596,000円

6,287,000円

1人

4,976,000円

6,536,000円

2人

5,356,000円

6,749,000円

3人

5,736,000円

6,962,000円

4人

6,116,000円

7,175,000円

5人以上

扶養親族1人につき

380,000円ずつ加算

扶養親族1人につき

213,000円ずつ加算

加算額

  • 老人控除対象配偶者および老人扶養親族1人につき100,000円
  • 特定扶養親族1人につき
    250,000円

老人扶養親族(扶養親族と同数の場合は1人を除き)
1人につき60,000円

所得額=年間収入金額-必要経費(給与所得控除額)-80,000円-諸控除

【諸控除の額】

  • 寡婦(夫)控除:270,000円
  • 寡婦控除(特例):350,000円
  • 勤労学生控除:270,000円
  • 障害者控除:270,000円
  • 特別障害者控除:400,000円
  • 配偶者特別控除:当該控除額
  • 雑損控除:当該控除額
  • 医療費控除:当該控除額
  • 小規模企業等掛金控除:当該控除額

支給時期

手当は、指定された銀行などの金融機関の口座に年3回(4,8,11月)振り込みます。

支払期

支払日

支給対象月

12月期

11月11日

8月から11月分

4月期

4月11日

12月から3月分

8月期

8月11日

4月から7月分

支払日が平日でない場合は直前の平日になります。

申請に必要なもの

特別児童扶養手当の支給を受けるためには申請が必要です。
認定となれば、申請月の翌月分からの支給となります。
※遡って支給をすることはできません。

  1. 診断書(特別児童扶養手当用)※診断日が請求日の3か月以内のもの
    但し、療育手帳A、肢体不自由・視覚障害・聴覚障害の身体障害者手帳1級~4級の一部の手帳所持者の場合は、手帳のコピーでも申請可能の場合があります。
  2. 戸籍謄本 ※請求日の1か月以内のもの
    請求者(保護者)と対象児童の戸籍が別の場合は、それぞれ必要です。
  3. マイナンバーのわかるもの(例:個人番号カード、通知カード、個人番号つきの住民票)
    請求者(保護者)とその配偶者、対象児童、同番地にお住まいの扶養義務者のマイナンバーが必要です。
  4. 請求にこられる方(例:父母、祖父母など)の身分証明書
    例:個人番号カード(通知カードではありません)、運転免許証、旅券など
  5. 請求者名義の通帳
  6. 印鑑

※請求者・配偶者・扶養義務者の所得申告が必要です。請求の年の1月1日(請求が1月から6月の場合は前年1月1日)に住民登録していた市町村で各年の所得の申告を済ませておいてください。同居の配偶者・扶養義務者については、税法上扶養に入っている場合は申告不要です。

 ※その他状況に応じて必要な書類がある場合があります。

  こんなときは 

 受給者が死亡した場合

従来の受給者についての特別児童扶養手当受給資格者死亡届、未支払特別児童扶養手当請求書(未支払手当がある場合)の手続きと、新たに児童を監護・養育する方の認定請求が必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書
  3. 対象児童名義の通帳(未支払手当がある場合の振込口座)
新たに児童を監護・養育する方の認定請求
  1. 診断書(特別児童扶養手当用)※診断日が請求日の3か月以内のもの
    但し、療育手帳A、肢体不自由・視覚障害・聴覚障害の身体障害者手帳1級~4級の一部の手帳所持者の場合は、手帳のコピーでも申請可能の場合があります。有期認定の期間中であれば診断書は不要です。
  2. 戸籍謄本 ※請求日の1か月以内のもの
    請求者(保護者)と対象児童の戸籍が別の場合は、それぞれ必要です。
  3. マイナンバーのわかるもの(例:個人番号カード、通知カード、個人番号つきの住民票)
    請求者(保護者)とその配偶者、対象児童、同番地にお住まいの扶養義務者のマイナンバーが必要です。
  4. 請求にこられる方(例:父母、祖父母など)の身分証明書
    例:個人番号カード(通知カードではありません)、運転免許証、旅券など
  5. 請求者名義の通帳
  6. 印鑑

 

※請求者・配偶者・扶養義務者の所得申告が必要です。請求の年の1月1日(請求が1月から6月の場合は前年1月1日)にそれぞれ住民登録していた市町村で各年の所得の申告を済ませておいてください。同居の配偶者・扶養義務者については、税法上扶養に入っている場合は申告不要です。

※その他状況に応じて必要な書類がある場合があります。

 

 対象児童が死亡した場合

特別児童扶養手当資格喪失届の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

 転居する場合

特別児童扶養手当住所変更の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

 転出する場合

特別児童扶養手当住所変更の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

転出後、引き続き手当の支給を受けるためには転出先の特別児童扶養手当担当課でも手続きが必要です。

 転入した場合

特別児童扶養手当住所変更手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書(前市町村のもの)

手当受け取り口座を変更する場合

持ち物

  1. 印鑑
  2. 新たに受け取りを希望される、請求者名義の通帳
  3. 特別児童扶養手当証書

 

用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せください。

お問合せ

所属課室:健康部子育て支援課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-22-8984

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?