ホーム > 子育て > 保育園・保育サービス・幼稚園 > 子育てに関する市の取り組み > 幼児教育のあり方 > 幼児教育のあり方と適正配置についての基本方針

ここから本文です。

更新日:2012年8月30日

幼児教育のあり方と適正配置についての基本方針

 近年、本市においては人口の大きな変化がない中で少子化傾向が続いており、幼稚園児が減少しているのに対し、保育所の幼児が増加しているという状況です。また、社会状況の変化により、子育てのニーズが多様化し、要望も高まる中で、教育内容をさらに充実すること、多様な保育サービスを提供することが求められてきています。 
 本市では0歳児から5歳児までの就学前の子どもたちにとって何が大切であるかという視点で、これらの課題の解決に向けて、公立幼稚園・保育所の幼児教育のあり方と適正配置について検討してきました。学識経験者を始めとした委員からなる検討委員会で、平成19年5月から平成21年2月まで計13回の検討を経て答申をいただきました。この考え方に基づき平成21年9月に「幼児教育のあり方と適正配置についての基本方針」をまとめました。 

 幼児教育のあり方と適正配置についての基本方針(PDF:216KB)

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:健康部こども未来課

橿原市畝傍町9-1

電話番号:0744-25-2790

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?