ホーム > 消防・救急 > 消防 > 予防・啓発 > 住宅用火災警報器

ここから本文です。

更新日:2011年3月30日

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器とは、火災により発生する煙や熱を感知して、自動的に声や音声により警報を発し、火災の発生を早期に知らせてくれるものです。この器具を設置することによって、火災の発生を早く知り、より早い消防機関への通報や消火器などによる消火が可能になります。平成21年6月1日から、すべての住宅に設置が義務付けられています。

設置場所

設置が義務付けられている場所

  • 寝室
    普段就寝に使用している部屋の天井または壁面(煙式警報機)
  • 階段
    寝室のある階の階段の踊り場の天井または壁面(煙式警報機)

設置をおすすめする場所

  • 台所
    台所の天井または壁面(煙式または熱式警報機)

住宅用火災警報器設置場所

取り付け場所

壁や天井にビス(留めねじなど)を使って、取り付けます。ビスが打ち込めれば、業者が工事をしなくても、誰にでも簡単に設置することができます。

住宅用火災警報器取り付け場所

  • 警報器の中心を、壁面から60cm以上離してください。
  • 警報器の中心が天井から15から50cm以内に取り付けます。
  • 梁(はり)などがある場合は、梁から60cm以上離してください。
  • エアコンや換気扇などの吹き出し口から150cm以上離してください。

日本消防検定協会の住宅用火災警報器の品質を保証する「NSマーク」がついているものを選ぶようにお願いします。

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:生活安全部危機管理課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1104

ファックス番号:0744-23-2511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?