ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 防災ハザードマップ

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

防災ハザードマップ

洪水ハザードマップとは

この地図は、奈良県が作成した葛城川、曽我川、高取川、飛鳥川、大和川、寺川、米川の浸水想定区域図を重ね合わせて作成し、大雨などにより河川がはん濫した場合に想定される浸水の範囲と深さの最大を表示しています。また、奈良県が作成した土砂災害警戒マップに基づく、土石流のおそれのある区域を表示しています。さらに、各地区の避難所などを示し、万が一の災害時に、地区の住民の方々が安全に避難できる事を目的に作成した地図です。

洪水ハザードマップ

地震ハザードマップとは

ここでは、橿原市に大きな影響を及ぼす可能性のある地震として、「奈良盆地東縁断層帯地震」、「中央構造線断層帯地震」、「東南海・南海地震」の3地震を想定し、それぞれの地震が発生した際に予測される震度、建物全壊率、液状化危険度を示しています。このマップを使って、地震に対する地域の危険性を理解しておきましょう。

なお、これらの予測は仮定した震源の位置や地震の規模にもとづくため、地震の発生の仕方によっては、これらの予測結果とは異なることがあります。

地震ハザードマップ

いざという時のためのお願い

  • マップの中で、自宅や職場などの日常生活の場所を確認し、付近の浸水深、避難施設や避難所までの経路を事前に確認してください。
  • 水害の恐れのある場合は、市から避難勧告や避難指示が発令されますので、はん濫水の勢いは激しく、堤防近くの家屋は破壊・流出の可能性があり、人命に危険がおよびますので、避難所へ速やかに避難してください。
  • 万が一、河川が洪水によりはん濫した場合、日ごろからの備えや心構えをして頂くとともに、安全な避難行動に役立てて頂きたいと思います。

 

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:生活安全部危機管理課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1104

ファックス番号:0744-23-2511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?